相続コラム | 福田法律事務所

神戸の相続に強い 福田法律事務所
相談料0円 078-366-6760までお気軽にお電話ください(受付時間 平日9:00〜17:00) WEBでのご相談は24時間受付中
相続コラム画像

自分に不利な遺言書が出てきた

◆遺言の有効性の確認

ほかの相続人と比べて自分に不利な遺言が出てきた場合、まずはその遺言が有効なものかどうか確認しましょう。
自筆で書かれた遺言であれば、家庭裁判所で検認する必要があります。

◆遺言を排除できないか?

遺言が有効であったとすると、今度はほかの相続人との間で、遺言と違う内容の遺産分割ができる可能性を検討します。
というのは、有効な遺言があっても、相続人全員が遺言と異なる遺産分割内容で合意すれば、遺言を排除して異なる分割をすることもできるからです。この場合、相続人全員が合意しなければなりません。遺言で遺贈が定められている場合、遺贈を受ける人の合意も必要になります。

◆遺留分の侵害

とはいえ、自分にとって不利な遺言は、他の相続人にとって有利な遺言ですから、遺言を排除する合意を求めても他の相続人が了承しないケースが多いと思われます。
その場合、遺言者の意思を尊重し、基本的にはあきらめて遺言に従うことになります。
しかし、例えば自分が被相続人の配偶者や子であるにも関わらずほとんど相続分がない、といったような極端な遺言内容であれば、遺留分が侵害されているといえます。
遺留分は、被相続人死亡後の相続人に最低限の財産を保障するものですから、遺留分が侵害されている場合には、他の相続人(あるいは遺贈を受けた人)に対して、遺留分減殺請求を行いましょう。

◆遺留分減殺請求

遺留分が侵害されていても、侵害された人が遺留分減殺請求を行わなければ何も変わりません。遺留分の減殺請求は、相続の開始と減殺すべき贈与・遺贈があったことを知ったときから1年以内に、遺留分を侵害している他の相続人(あるいは遺贈を受けた人)に対して行わなければ時効消滅します。

遺言書に関する記事の一覧はこちら
遺言書

その他の相続コラム

遺言で指名された相続人・受遺者が先に亡くなっている

1.相続するはずだった人が被相続人より先に亡くなった場合、原則としてその相続するはずだった人の子どもが代わりに相続します。 相続人となる予定の人が被相続人より先に死亡した場合、相続するはずだった人の子どもが代わりに相続することになっています(民法第887条第2項、第3項)。これを代襲相続といいます。 他方、遺贈については、遺贈を受けるはずだった人...

誰が相続人になるのかわからない

今の時代は金融機関の手続も厳格になっており、被相続人の預金口座を解約するのにも、相続人全員の承諾を求められます。したがって誰が相続人かがわからないと、手続きが進まないことがあります。 しかし、親族が多く、また関係が複雑な場合、他に誰が相続人になるのか、相続人自身でも分からないことがあります。 誰が相続人になるかは、戸籍から調査します。まずは、...

相続における土地や不動産の時効取得とは?

相続財産に土地や建物が含まれるとき、問題になるケースのひとつに「時効取得」があります。聞きなれない言葉かもしれませんが、「相続財産が誰のものかはっきりしない」可能性があることから、無視できないものです。ここでは時効取得の概要と、相続において時効取得が認められるケースなどを解説します。 そもそも時効取得とは何か? 不動産の時効取得とは、土地や建物を...

不動産を生前贈与する手続きについて

贈与者が生きているうちに、財産を無償で受贈者に渡すことを「生前贈与」と呼びます。この生前贈与は、相続税の節税効果があることから、節税対策としてよく使用されます。しかし、不動産については、その制度内容や手続きを理解しておかないと、逆に思わぬ費用がかかることもあるため、注意が必要です。ここでは、不動産の生前贈与に必要な手続きについて解説します。 不動産...

相続・遺産分割に関するお悩みは、
神戸の相続対策に強い弁護士に お気軽にご相談ください。
初回相談無料!お電話にてご連絡ください
078-366-6760までお気軽にお電話ください(受付時間 平日9:00〜17:00) メールでのご相談予約は24時間受付中