相続コラム | 福田法律事務所

神戸の相続に強い 福田法律事務所
相談料0円 078-366-6760までお気軽にお電話ください(受付時間 平日9:00〜17:00) WEBでのご相談は24時間受付中
相続コラム画像

自分の被相続人に対する貢献を考慮して欲しい

寄与分とは

法定相続分は法律で一律に決められていますので、個別具体的な事情をみたときに、法定相続分で分割することがかえって不公平になることがありえます。
典型例は、複数いる兄弟のうちの1人が被相続人と長年同居し、被相続人の家業を手伝い、生活費を負担し、最後は介護に従事したといったケースです。
このようなケースでも、法定相続分は兄弟で均等ですので、法定相続分に従えばかえって不公平な遺産分割になってしまいます。
したがって民法は、このようなケースに備えて、被相続人の財産の維持又は増加について特別の寄与をした者があるときには、寄与分という形で法定相続分を超える財産の取得を認めています。

寄与分が認められるためには

1.特別の寄与

寄与分が認められるためには、相続人の寄与が特別の寄与でなければなりません。例えば夫婦間、親子・兄弟間にはもともと扶助義務・同居義務が民法で定められているので、その範囲内の寄与であれば、特別の寄与とは認められません。

2.財産の維持・増加

寄与分は、認められた相続人の遺産分配を厚くするものですので、寄与は被相続人の財産を維持・増加させるような貢献である必要があります。頻繁に会いに行き、よく被相続人の話相手になって感謝されたといった非財産的な貢献では寄与分は認められません。

3.無償性

寄与分は公平のための制度ですから、被相続人の財産の維持又は増加に貢献していても、その貢献に財産的な対価が支払われていれば、特別の寄与とは認められません。

寄与分の主張方法

寄与分は、まず自分以外の相続人との間の協議において主張します。寄与分を含めた遺産分割協議が整わないときは、家庭裁判所の遺産分割調停・審判で寄与分が決まります。
寄与分を主張する相続人が、遺産分割調停の中で寄与分の調停・審判の申し立てを行います。寄与分だけの調停・審判の申し立てはできず、必ず遺産分割調停の中で申し立てる必要があります。
調停・審判に関する記事一覧はこちら

調停・審判

その他の相続コラム

遺言の内容に不服を申し立てることはできる?

人が亡くなると、遺された家族や親族は、悲しみに暮れつつも様々な手続を進めていくことになりますよね。中でも「相続」に関することは労力を必要とします。相続は、遺言書がある場合にはその内容に沿うことが原則です。 しかし、遺言の内容に不満がある場合はどうでしょうか。例えば自分への相続分が極端に少ないときなど。こういったとき、遺言に記載された分配に対して異議を述べ、...

相続手続に必要な「出生から死亡までの戸籍」の集め方

相続にはさまざまな手続が必要です。中でも、意外と労力を要するのが「戸籍集め」。戸籍を集めるというと、やや奇妙に聞こえるかもしれませんが、相続の場面で必要となる戸籍はひとつではありません。特に「出生から死亡まで」の戸籍を集めるのは、なかなか大変です。そこで、戸籍収集のポイントについて解説します。 戸籍の種類と役割 日本の戸籍は、出生や親族関係を証明...

被相続人の生前に遺留分を放棄させることはできる?

遺留分は、兄弟姉以外の法定相続人(配偶者もしくは子・直系尊属)に認められている、最低限の遺産の取り分です。また、意外と知られていませんが、遺留分は放棄することも可能です。では、被相続人がまだ生きている段階であっても、遺留分放棄は可能なのでしょうか。今回は、遺留分放棄の具体的な手続きや注意点など、生前の遺留分放棄を考えている方は必見の内容です。 被相...

海外に相続財産がある場合の相続

はじめに 当事務所に寄せられたご質問にお答えいたします。 30代男性。先月、父親を突然の事故で亡くしました。父はハワイに別荘を所有していましたが、相続手続は日本とアメリカ、どちらの国の法律に従って行うべきなのでしょうか?また、海外の財産に対しても日本の相続税は課税されますか? 海外に財産がある場合、遺産分割や相続税の申告・納付などの手続が日本と...

相続・遺産分割に関するお悩みは、
神戸の相続対策に強い弁護士に お気軽にご相談ください。
初回相談無料!お電話にてご連絡ください
078-366-6760までお気軽にお電話ください(受付時間 平日9:00〜17:00) メールでのご相談予約は24時間受付中