相続コラム | 福田法律事務所

神戸の相続に強い 福田法律事務所
相談料0円 078-366-6760までお気軽にお電話ください(受付時間 平日9:00〜17:00) WEBでのご相談は24時間受付中
相続コラム画像

離婚後疎遠になった配偶者に相続権があるか?

 

離婚経験のある方は、元配偶者の方とそのお子さんの居場所を把握しているでしょうか。もしも把握しておらず、連絡先もわからない状態の場合、相続のとき注意しなければなりません。「もうずいぶん昔に離婚して、今は疎遠だから相続させるつもりはない」とお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、相続開始後は疎遠になった元配偶者との子も含めて遺産分割協議をしなければなりません。

 

元配偶者は相続権を失い、子どもには相続権が残る

離婚により元配偶者は相続権を失いますが、子どもには相続権が残ります。たとえ一切の連絡を取っていなかったとしても、被相続人にとっては実子であることに変わりはないので、相続人として権利を有しています。離婚により元配偶者との縁は切れても、血縁関係のある子どもと縁が切れることはないのです。

 

なお、元配偶者との子の法定相続分は、再婚相手との子の法定相続分と同じです。例えば、前妻との間に子どもが2人、後妻との間に子どもが1人いる被相続人で、4000万円の遺産があった場合、後妻が2000万円、子どもはそれぞれ500万円ずつ相続できる計算になります。

 

 

今の配偶者と子どもにだけ相続させたいときの対応

すでに疎遠で何年も会っていない子どもに、「自分の財産を相続させたくない、今の家族にだけ相続させたい」といった場合は、遺言書にその旨を書き残しておきましょう。疎遠になった実子の遺留分を侵害しなければ、基本的に遺言の内容は優先されます。後の禍根を残さないためにも、せめて元配偶者との子の遺留分くらいは残しておくことをおすすめします。

 

遺留分は、一部の法定相続人に対して一定割合の遺産相続を保障する権利のことをいい、この遺留分ももらえない法定相続人が遺留分を侵害されたとき、遺留分減殺請求ができます。先ほどの例で言えば、相続開始ならびに相続する遺産がないと知ったとき、前妻の子は250万円の遺留分を主張される可能性もあります。そのためにも遺留分を残しておき、万が一のときに備えておくことが大切です。

 

遺言は故人の遺志を反映して遺産分割を進められるだけでなく、相続人同士の争いも防ぐ役割もあるので相続人・被相続人ともにメリットが大きいといえます。特に離婚歴がある方は、元配偶者の子と再婚相手との子の間でトラブルが起こりやすいので、双方にとってもスムーズな遺産分割ができるよう、遺言を残した方が賢明でしょう。

 

 

まとめ

元配偶者とその子どもを遺産分割協議に参加させ、話し合いを持つというのは、当人同士は苦痛に感じるかもしれません。被相続人にとっては、血のつながったきょうだいであることに変わりはなく、できれば相続人同士の争いは避けてほしいはずです。

 

相続人同士での協議が難しい場合は、相続に詳しい弁護士に相談しながら遺産分割を進めると良いでしょう。弁護士なら客観的かつ専門的なアドバイスができるので、遺産分割協議をスムーズに進められます。

その他の相続コラム

遺言が本当に有効なものか疑問がある

亡くなった方の生前の言動やおかれた状況から考えて、このような内容の遺言を残すはずがないと思える遺言がしばしば見受けられます。 1.まず他の遺言を探す そのような場合、まずはその遺言の他にも遺言が残されていないかを十分確認してください。 いま存在する遺言は状況が変わる前に作成された遺言であって、状況が変わった後に別の遺言が作成されている可能性がありま...

遺産分割協議ができないまま、相続税の申告期限が迫っている

■相続税申告の期限 相続税の申告期限は、相続開始から10か月です。 しかし、相続人間の関係が複雑であったり、対立がある場合には、その期限内に遺産分割の協議がまとまるとは限りません。協議がまとまらず家庭裁判所に遺産分割調停を申し立てるような場合、10か月の申告期限には間に合わない可能性が大です。 ところで、相続税のしくみは、まず相続人全員で納める相続...

相続放棄のメリットとデメリット~簡単なようで難しい相続放棄

相続放棄とは、「本来なら被相続人から受け継ぐ権利・義務の全てを放棄する」手続きです。一般的には、相続財産に借金や負債が含まれている場合に選択されます。「親の借金を引き継ぎたくないから」という理由で、相続放棄を選択される方は少なくありません。しかし、相続放棄にはデメリットも存在します。そこで、相続放棄におけるメリットとデメリットを整理してみましょう。 ...

海外に相続財産がある場合の相続

はじめに 当事務所に寄せられたご質問にお答えいたします。 30代男性。先月、父親を突然の事故で亡くしました。父はハワイに別荘を所有していましたが、相続手続は日本とアメリカ、どちらの国の法律に従って行うべきなのでしょうか?また、海外の財産に対しても日本の相続税は課税されますか? 海外に財産がある場合、遺産分割や相続税の申告・納付などの手続が日本と...

相続・遺産分割に関するお悩みは、
神戸の相続対策に強い弁護士に お気軽にご相談ください。
初回相談無料!お電話にてご連絡ください
078-366-6760までお気軽にお電話ください(受付時間 平日9:00〜17:00) メールでのご相談予約は24時間受付中