相続放棄をするかどうかの判断基準 | 福田法律事務所

神戸の相続に強い 福田法律事務所
相談料0円 078-366-6760までお気軽にお電話ください(受付時間 平日9:00〜17:00) WEBでのご相談は24時間受付中
相続コラム画像

相続コラム(の記事一覧)

相続放棄をするかどうかの判断基準

 相続放棄は、亡くなった方の相続財産のうち、貯蓄も負債も含めすべての相続を放棄する手続きです。しかし、負債が残っていた場合でも、本当に相続放棄をしていいのかどうか迷って判断ができないという方は珍しくありません。  遺産は「単純承認」「限定承認」「相続放棄」の3つから選ぶ被相続人が残した遺産をどうするか、相続人は次の3つから選びます。 ①単純承認…プラスの財産...

相続放棄申述期間(3ヶ月)の期限が過ぎた場合の処理

 被相続人の財産や債務の相続をすべて放棄する「相続放棄」の手続きは、相続開始を知ったときから3ヶ月以内とされています。この3ヶ月を過ぎてしまった場合、どのように対処すればいいのか詳しくご紹介します。  そもそも起算日はいつになるのか相続放棄申述期間の起算日は「被相続人が亡くなった事実」と「被相続人と自分との身分関係を知ったとき」の両方がそろったときです。 被...

相続放棄の撤回

はじめに 当事務所に寄せられたご質問にお答えいたします。   私の父は、自営業をしていましたが、3000万円の借金を残して亡くなりました。父が残した借金を相続しても返済できる金額ではないと判断し、相続放棄の手続を進めています。ところが、最近になって父が株取引で利益を得ていたことがわかりました。借金を返済してもまだ資産として十分な額が残...

被相続人の生前に相続放棄させることはできる?

相続は、被相続人(亡くなった親など)の権利や義務を全て引き継ぐという原則があります。つまり、貯金や車、不動産だけではなく、マイナスの資産(借金などの負債)も引き継ぐわけです。これを回避するための方法が「相続放棄」であることは、ご存じの方も多いでしょう。 しかし、被相続人が亡くなる前に相続放棄は可能なのでしょうか。今回は生前の相続放棄について解説します。...

相続放棄のメリットとデメリット~簡単なようで難しい相続放棄

相続放棄とは、「本来なら被相続人から受け継ぐ権利・義務の全てを放棄する」手続きです。一般的には、相続財産に借金や負債が含まれている場合に選択されます。「親の借金を引き継ぎたくないから」という理由で、相続放棄を選択される方は少なくありません。しかし、相続放棄にはデメリットも存在します。そこで、相続放棄におけるメリットとデメリットを整理してみましょう。 ...

相続・遺産分割に関するお悩みは、
神戸の相続対策に強い弁護士に お気軽にご相談ください。
初回相談無料!お電話にてご連絡ください
078-366-6760までお気軽にお電話ください(受付時間 平日9:00〜17:00) メールでのご相談予約は24時間受付中