自分の被相続人に対する貢献を考慮して欲しい | 福田法律事務所

神戸の相続に強い 福田法律事務所
相談料0円 078-366-6760までお気軽にお電話ください(受付時間 平日9:00〜17:00) WEBでのご相談は24時間受付中
相続コラム画像

相続コラム(の記事一覧)

自分の被相続人に対する貢献を考慮して欲しい

寄与分とは 法定相続分は法律で一律に決められていますので、個別具体的な事情をみたときに、法定相続分で分割することがかえって不公平になることがありえます。 典型例は、複数いる兄弟のうちの1人が被相続人と長年同居し、被相続人の家業を手伝い、生活費を負担し、最後は介護に従事したといったケースです。 このようなケースでも、法定相続分は兄弟で均等ですので、法定相...

相続を放棄したい

■相続放棄の手続 相続を放棄したい場合、家庭裁判所に対して相続放棄の申述を行わなければなりません。 相続放棄の申述は、被相続人の最後の住所を管轄する家庭裁判所に対して、相続放棄の申述書を提出する方法で行います。 ■熟慮期間 ただし、相続放棄できる期間には制限があります。「自己のために相続の開始があったことを知ったとき」から3ヶ月以内です。この3か...

他の相続人が、多額の死亡保険金を受け取っている

■相続人が生命保険金の受取人になっているケース 被相続人が自分に生命保険をかける際に、保険金の受取人を便宜的に長男にし、そのまま受取人を変更することなしに死亡するケースはよく見受けられます。 このように、相続人の一人を受取人として被相続人に多額の生命保険がかけられており、被相続人の死亡によってその相続人が多額の生命保険金を受け取ったとします。その場合、受...

被相続人が債務を残して亡くなった場合の対処方法は?

自分が相続人になっているときに、遺産の内容を調べてみたら、借金などの債務が含まれていることが判明するケースがあります。このように、遺産の中に債務がある場合、債務も相続の対象になるので、放っておくと借金も相続しなければならなくなります。 債務を相続したくない場合には、相続放棄や限定承認などの手続きを利用しなければなりません。 そこで今回は、被相続人...

遺産分割の調停や審判ってどんな手続き?

複数の相続人がいると遺産分割協議が必要です。協議がうまくまとまれば良いのですが、揉め事やトラブルに発展することも珍しくありません。揉め事やトラブルによって遺産分割協議が中断したり難航すると、「遺産分割調停」や「遺産分割審判」という手続に移行します。この2つの手続きは一体どんな内容なのでしょうか。 家庭裁判所が仲介してくれる「遺産分割調停」 遺産分...

相続・遺産分割に関するお悩みは、
神戸の相続対策に強い弁護士に お気軽にご相談ください。
初回相談無料!お電話にてご連絡ください
078-366-6760までお気軽にお電話ください(受付時間 平日9:00〜17:00) メールでのご相談予約は24時間受付中