相続コラム | 神戸相続弁護士 福田法律事務所

神戸の相続に強い 福田法律事務所
相談料0円 078-366-6760までお気軽にお電話ください(受付時間 平日9:00〜17:00) WEBでのご相談は24時間受付中
相続コラム画像

遺産分割の調停や審判ってどんな手続き?

複数の相続人がいると遺産分割協議が必要です。協議がうまくまとまれば良いのですが、揉め事やトラブルに発展することも珍しくありません。揉め事やトラブルによって遺産分割協議が中断したり難航すると、「遺産分割調停」や「遺産分割審判」という手続に移行します。この2つの手続きは一体どんな内容なのでしょうか。

家庭裁判所が仲介してくれる「遺産分割調停」

遺産分割調停は、何らかの理由で遺産分割協議が成立しないとき、家庭裁判所を介して話し合いを進める方法です。
裁判所での手続ですが、裁判所が話し合いを仲介してくれるという手続なので、基本的には当事者の意見を尊重したものになります。家庭裁判所の調停委員会が争いのある相続人の間に入り、当事者同士が直接話し合わなくても協議が進むよう、取り持ってくれるというイメージでしょうか。
ちなみに、家庭裁判所の調停委員として選ばれるのは、弁護士や医師など、教養のある40歳以上の人とされています。
遺産分割調停では、調停委員という第三者を相手に主張をするので、遺産分割協議では出てこなかった話が明らかになることもあります。調停では、法律の専門家である弁護士に同席してもらい、法的に筋の通った主張になるようサポートしてもらうことも可能です。

遺産分割調停に必要な手続き・期間は?

遺産分割調停では、遺産分割調停申立書及び関連書類を準備する必要があります。具体的には以下の通りです。

・被相続人の戸籍謄本
・相続人全員の戸籍謄本・住民票
・固定資産税評価証明書、不動産登記事項証明書、預貯金通帳の写しや残高証明書など相続財産の内容を示す資料

また、遺産分割調停は通常、3か月から1年以上に及ぶことが多いです。平成27年の司法統計によれば、回数は「6回~10回」が25%、期間は「6か月~1年以内」が33%で最多でした。この結果を見ても、かなり手間のかかる手続きであることがわかります。

調停が不成立になったら「遺産分割審判」

遺産分割審判は、遺産分割調停でも話し合いに決着がつかないとき、家庭裁判所が当事者の意見を踏まえて判断する手続です。こちらは調停(話合い)での解決ではなく、家庭裁判所の判断が示されることにより手続が終了します。

遺産分割審判の流れは?

遺産分割審判は、主に以下のようなステップで進められます。

1.遺産分割調停から遺産分割審判への移行
2.審判期日に出頭する
3.審判において書面で証拠を提出しながら、各相続人が主張を行う(全ての相続人の主張が終わるまで続く)
4.家庭裁判所による判断(審判)

また、審判の内容に不服がある場合には、2週間以内であれば即時抗告という異議を申し立てることができます。ただし、既に主張したことの繰り返しに過ぎない場合は、抗告が認められず、棄却という結論が出されるので注意が必要です。
このステップを見てもわかるとおり、3でいかに証拠書類や資料をしっかり準備し、主張するかが重要になります。

遺産分割協議が不成立ならすぐ専門家へ依頼を

調停・審判のいずれにおいても、法律の専門家による助言・サポートは必須です。遺産分割協議が不成立に終わったならば、すぐさま弁護士へ相談を持ち掛けましょう。例え調停で終わるとしても、家庭裁判所に同行・同席してもらえるため、法的な主張というサポートが受けられますよ。

このコラムの監修者

  • 福田大祐弁護士
  • 福田法律事務所

    福田 大祐弁護士(兵庫県弁護士会)

    神戸市市出身。福田法律事務所の代表弁護士を務める。トラブルを抱える依頼者に寄り添い、その精神的負担を軽減することを究極の目的としている。

その他の相続コラム

被相続人に成年後見人が選任されていたときの手続きは?

相続は様々な権利義務関係が絡み合うため、専門的な知識が必要になりがちな手続きです。 もし被相続人に成年後見人が選任されていたとしたら、相続にどのような影響を与えるのでしょうか。被相続人が亡くなった後の成年後見人の役割や、相続の手続きについて解説します。 被相続人が亡くなった後の成年後見人の対応は? 被相続人が知的障害や認知症などで判断能力が低下...

被相続人の生前に相続放棄させることはできる?

相続は、被相続人(亡くなった親など)の権利や義務を全て引き継ぐという原則があります。つまり、貯金や車、不動産だけではなく、マイナスの資産(借金などの負債)も引き継ぐわけです。これを回避するための方法が「相続放棄」であることは、ご存じの方も多いでしょう。 しかし、被相続人が亡くなる前に相続放棄は可能なのでしょうか。今回は生前の相続放棄について解説します。...

配偶者居住権とは?

配偶者居住権は、2018年の民法の相続法が改正されたタイミングで創設された制度です。 2020年4月1日以降の相続から施行されるのですが、どのような制度なのかよく分からないという方も多いでしょう。 そこで今回は、配偶者居住権がどのような制度なのか、配偶者居住権を設定した方がいいケースとしなくてもいいケース、配偶者居住権のメリットについて解説し...

故人が会社代表だった場合、相続人がするべきことはある?

はじめに 会社(あるいは個人事業)の代表者が亡くなったとき、相続人は、自分たちの生活はいったいどうなるのか、事業に関係ある財産はどうなるのか、事業の借金まで支払わなければならないのかなど、不安に感じることがあるかもしれません。 故人が会社の経営などをしていた場合、相続人は、相続の際にどのようなことに気をつければよいのでしょうか。 1.個人が会社...

相続・遺産分割に関するお悩みは、
神戸の相続対策に強い弁護士に お気軽にご相談ください。
初回相談無料!お電話にてご連絡ください
078-366-6760までお気軽にお電話ください(受付時間 平日9:00〜17:00) メールでのご相談予約は24時間受付中