相続コラム | 福田法律事務所

神戸の相続に強い 福田法律事務所
相談料0円 078-366-6760までお気軽にお電話ください(受付時間 平日9:00〜17:00) WEBでのご相談は24時間受付中

新型コロナウイルス対策「オンライン面談・電話相談 実施中」

相続コラム画像

共有名義の不動産は誰がどのように相続できる?

1.共有とは

共有とは、所有権などある権利が複数の主体によって支配・利用されている状態のことをいいます。

不動産が共有名義であるというのは、不動産を複数人が所有している状態をいいます。

不動産の場合は、一緒に住む家族との共有名義だったり購入資金を援助してくれた親族などとの共有名義になっていることが多いです。

2.不動産が共有の場合の法律関係

共有関係にある場合、共有者は全体を使用することができます(民法第249条)。

土地や建物について5分の1の持分を持つ共有者がいれば、その人は土地や建物の面積等のうち5分の1しか使えないのではなく、その不動産全体を使うことができます。5分の4の持分を持っている人より使える範囲が狭い、などということではありません。

また、共有している土地や建物を人に貸して賃料をもらっているような場合、各共有者は共有持分の割合に応じた賃料を得る権利があります。土地を20万円で貸しているとしたら、5分の1の持分を持っている共有者は4万円の賃料を受け取る権利があります。

さらに、共有している土地や建物の管理するときは、持分の割合が重要になってきます。管理の仕方などは過半数の賛成で決めなければなりません。5分の1の持分の人だけでは、単独で管理行為をすることはできません。

3.相続時に不動産が共有名義であるかの判断

親の不動産を相続する際、その不動産がその親の単独名義であるのか、共有名義であるのかは、登記事項証明書の記載を見れば分かります。共有であれば、その持分も登記事項証明書に記載されています。

親がずっと住んでいたので当然親の名義だろうと思っていたら、叔父さんや全くの他人が共有である場合もあるのです。

では、共有名義の不動産を相続する場合はどのような点に気をつければいいのでしょうか。

4.共有名義の不動産の相続

たとえば、柀相続人である親が2分の1、叔父さんが2分の1の持分の共有名義の不動産の場合、相続人が3人いれば、その3人の持分はそれぞれ2分の1×3分の1=6分の1になります。叔父さんはそのまま2分の1です。

不動産は、4人の共有になります。

不動産の共有者が増えることで、不動産に関する利害関係人が増え、土地を売却したいときや活用したいときに足並みが揃わなかったり、不動産の管理方法などをめぐって共有者の関係が悪化するなどということが考えられます。

また、相続人間での折り合いが悪かったり、連絡を全くとっていなかった場合などは、なかなか話し合いがまとまらず困った事態を生じることになるでしょう。

さらに前記のケースでは叔父も亡くなって、叔父にも子どもが3人いた場合は、6人の共有となるので不動産をめぐる権利関係がさらに複雑になります。

5.共有名義の不動産相続の際の対処方法

(1)不動産を相続する相続人をしぼる

そこで、不動産をめぐる権利関係をシンプルにするために、相続人のうち1人のみがその不動産を相続するという方法が考えられます。

その場合には、相続人全員で遺産分割協議をして、1人の相続人に不動産を相続させることを決めることになります。

(2)換価分割

また、相続人が、不動産を売却して、その売却代金を分配する方法もあります。これを換価分割といいます。

(3)遺産分割に代わる処分

また、共有名義の土地を相続した場合に、相続人間で話し合いがまとまらない場合には、家庭裁判所において遺産分割に代わる処分を求めることが可能です。(民法第907条第2項)

6.まとめ

共有状態の不動産は、相続によりさらに共有状態が細分化して複雑な問題をひきおこす可能性があります。

共有状態を相続前に解消しておくことや、遺言書を作成して不動産を誰に相続させるか、他の相続人にどのように配慮するかを決めておくことで無用なトラブルを回避することが可能です。

共有名義の不動産を相続した方も、共有名義の不動産を現在持っている方も、一度弁護士に相談してみるのがよいでしょう。

預金・不動産・保険・株式に関する記事の一覧はこちら

https://sou-zoku.jp/column_cat/tyokin-hudousan-hoken-kabushiki/

このコラムの監修者

  • 福田大祐弁護士
  • 福田法律事務所

    福田 大祐弁護士(兵庫県弁護士会)

    神戸市市出身。福田法律事務所の代表弁護士を務める。トラブルを抱える依頼者に寄り添い、その精神的負担を軽減することを究極の目的としている。

その他の相続コラム

遺産分割協議ができないまま、相続税の申告期限が迫っている

■相続税申告の期限 相続税の申告期限は、相続開始から10か月です。 しかし、相続人間の関係が複雑であったり、対立がある場合には、その期限内に遺産分割の協議がまとまるとは限りません。協議がまとまらず家庭裁判所に遺産分割調停を申し立てるような場合、10か月の申告期限には間に合わない可能性が大です。 ところで、相続税のしくみは、まず相続人全員で納める相続...

遺産の使い込みを防ぐために~成年後見人はどう決定すべき?

2000年から施行された成年後見制度は、相続の場において非常に重要です。 特に「誰を成年後見人にするか」で悩む方が多いようです。というのも、成年後見人が遺産を使い込んでしまう例が後を絶たずトラブルに発展するからです。 では、遺産の使い込みを防ぐためには、いったい成年後見制度をどう利用すべきなのでしょうか。 相続で成年後見人が必要なケース 成年後見...

死因贈与について

自分が死んだ時、お世話になった人に何か財産を残したいという人もいるかもしれません。こうしたときに使える方法の1つが、死因贈与です。 死因贈与とは 死因贈与とは、財産をあげる人(贈与者)ともらう人(受贈者)の間で、「贈与者が死亡したときに、ある特定の財産を受贈者に贈与する」という契約を結ぶことをいいます。 死因贈与と遺贈の違い その他、死因...

遺言で指名された相続人・受遺者が先に亡くなっている

1.相続するはずだった人が被相続人より先に亡くなった場合、原則としてその相続するはずだった人の子どもが代わりに相続します。 相続人となる予定の人が被相続人より先に死亡した場合、相続するはずだった人の子どもが代わりに相続することになっています(民法第887条第2項、第3項)。これを代襲相続といいます。 他方、遺贈については、遺贈を受けるはずだった人...

相続・遺産分割に関するお悩みは、
神戸の相続対策に強い弁護士に お気軽にご相談ください。
初回相談無料!お電話にてご連絡ください
078-366-6760までお気軽にお電話ください(受付時間 平日9:00〜17:00) メールでのご相談予約は24時間受付中