相続コラム | 福田法律事務所

神戸の相続に強い 福田法律事務所
相談料0円 078-366-6760までお気軽にお電話ください(受付時間 平日9:00〜17:00) WEBでのご相談は24時間受付中
相続コラム画像

他の相続人と連絡がつかない、所在不明

生命保険金の受け取り、預金の解約など、被相続人死亡後の相続手続に相続人全員の承諾を求められる機会は数多くあります。そのとき、行方不明の相続人がいると、承諾が得られず手続が進みません。
また、遺産分割調停は相続人全員が当事者になる必要がありますが、相続人のうちの一人が行方不明になっていると、調停もできません。

■不在者財産管理人制度

そのような場合は、不在者財産管理人制度を利用します。不在者財産管理人は、家庭裁判所によって選任され、行方不明になっている相続人の財産を管理します。
ほかの相続人は、相続手続あるいは遺産分割協議を行うため、家庭裁判所に対して行方不明の相続人の不在者財産管理人の選任申立をおこないます。
そして、不在者財産管理人が選任されたら、行方不明の相続人に代わって不在者財産管理人がその他の相続人と遺産分割協議あるいはその先の遺産分割調停を行います。

■失踪宣告

相続人が相続開始の相当前から行方不明で生死不明の場合には、当該相続人に対して失踪宣告を申し立てることも考えられます。
失踪宣告は、ある人が過去7年以上音信不通の場合に、その人が死亡したものとみなして相続を開始させる制度です。
失踪宣告も不在者財産管理人制度と同様に、利害関係人が家庭裁判所に申し立てる必要があります。
他の相続人の申立を受けて家庭裁判所が失踪を宣告すると、宣告された行方不明者について相続が開始します。したがってその行方不明者の相続人が、行方不明者に代わってもともとの遺産分割協議に参加することになり、話し合いを進めることができます。

遺産分割協議の一覧はこちら

https://sou-zoku.jp/column_cat/bunkatsukyougi/

その他の相続コラム

家族信託とは

はじめに 家族信託とは、認知症や判断能力が低下したときに備え、財産の管理、処分を家族に託す制度です。2007年に信託法が改正され、開始したばかりで社会的な認知度はまだ低いものの、相続対策として今後さらに利用者が増えることが予想されます。ここでは、家族信託の概要と注意点について詳しく説明します。 家族信託が利用されるケースとは 認知症などで判断能力が...

生前にマンションの頭金の贈与を受けた兄弟がいる

マンションの頭金の贈与は「住宅資金等の非課税」に該当すれば贈与税はかかりません 贈与を受けた分(生前に相続されるもの)は、すべて「贈与税」の課税対象となるのが原則です。しかし、贈与を受けた人が居住するためのマンションの頭金として贈与された資金は、「住宅資金等の非課税」の条件に当てはまれば、贈与税の非課税特例を受けることができます。 住宅資金等の非...

特別受益と寄与分の違い

 遺産分割において、「特別受益」と「寄与分」について相続人同士で揉めているという相談を受けることがあります。どちらも遺産分割の不平等を解消することに変わりはありませんが、その性質、相続額の算出方法は大きく異なります。  特別受益は「遺産の前払い」特別受益は、特定の相続人が被相続人か遺産の先渡しのような遺贈または贈与を受けることをいいます。 例えば、相続人のう...

遺言の内容に不服を申し立てることはできる?

人が亡くなると、遺された家族や親族は、悲しみに暮れつつも様々な手続を進めていくことになりますよね。中でも「相続」に関することは労力を必要とします。相続は、遺言書がある場合にはその内容に沿うことが原則です。 しかし、遺言の内容に不満がある場合はどうでしょうか。例えば自分への相続分が極端に少ないときなど。こういったとき、遺言に記載された分配に対して異議を述べ、...

相続・遺産分割に関するお悩みは、
神戸の相続対策に強い弁護士に お気軽にご相談ください。
初回相談無料!お電話にてご連絡ください
078-366-6760までお気軽にお電話ください(受付時間 平日9:00〜17:00) メールでのご相談予約は24時間受付中