相続コラム | 福田法律事務所

神戸の相続に強い 福田法律事務所
相談料0円 078-366-6760までお気軽にお電話ください(受付時間 平日9:00〜17:00) WEBでのご相談は24時間受付中

新型コロナウイルス対策「オンライン面談・電話相談 実施中」

相続コラム画像

遺族年金を受け取る条件について

生計の担い手となっている人が死亡した場合、遺族は収入の道が絶たれてしまいます。こうした遺族を経済的に支援するための公的制度が、遺族年金制度です。

遺族年金とは

遺族年金とは、遺族に対して支給される年金です。
国民年金加入者が死亡した場合に支給される遺族基礎年金、厚生年金加入者が死亡した場合に支給される遺族厚生年金の2種類があります。

遺族年金を受け取るための前提条件

遺族年金を受け取るためには、いくつかの条件を満たす必要があります。
まず、遺族基礎年金や遺族厚生年金共通の条件として、以下の保険料納付要件を満たす必要があります。

・亡くなった月の前々月までの国民年金の加入期間の2/3以上、保険料が納付または免除されていること

・亡くなった月の前々月までの1年間に保険料の未納がないこと

国民年金の保険料に未納があると、遺族年金を受けることはできません。
それに加えて、遺族基礎年金、遺族厚生年金それぞれにおいて、満たさなければいけない条件があります。

遺族基礎年金を受け取るための条件

遺族基礎年金を受け取るための条件は次のとおりです。

亡くなった人について

亡くなった人が、次の4つのうち、いずれかの条件を満たしている条件があります。

・国民年金に加入している人
・国民年金に加入していた人で日本国内に住所があり、年齢が60歳以上65歳未満の人
・老齢基礎年金を受給中の人
・老齢基礎年金の受給資格期間を満たしている人

遺族について

受け取ることのできる遺族にも条件があります。
遺族年金を受け取ることができるのは、以下の条件を満たす遺族です。

・亡くなった人によって生計が維持されている子供(18歳到達年度の3月末が来ていない場合、障害年金の障害等級1級または2級の子供は20歳未満)

・亡くなった人によって生計を維持されていた子供のいる配偶者

子供のいない配偶者や、すでに独立した子供は遺族年金を受け取ることができません。

遺族厚生年金

会社員や公務員のような厚生年金に加入している人が死亡した場合、条件を満たした遺族は厚生年金を受け取ることができます。

亡くなった人について

次に挙げる条件のうち、いずれかを満たせば遺族厚生年金が支給されます。

・厚生年金に加入中(在職中)であった人

・厚生年金に加入中に初診を受けた傷病で初診日から5年以内に死亡した人

・障害等級1級または2級の障害厚生年金を受けられる人

・平成29年(2017年)7月までに老齢厚生年金を受けられるようになった人

・老齢厚生年金の受給資格期間(カラ期間含む)が25年以上ある人

遺族について

遺族基礎年金とは違い、条件を満たせば、子供のいない配偶者や父母、孫、祖父母といった人も受け取ることができます。

相続などの相談は弁護士に

ここまで、遺族年金の支給条件について紹介してきました。人が亡くなった場合、遺族年金の手続きに加え、相続の手続きをする必要もあります。その他、様々な法律上の問題が発生することもありますので、何か不安な点がありましたら、ぜひ弁護士にご相談ください。

このコラムの監修者

  • 福田大祐弁護士
  • 福田法律事務所

    福田 大祐弁護士(兵庫県弁護士会)

    神戸市市出身。福田法律事務所の代表弁護士を務める。トラブルを抱える依頼者に寄り添い、その精神的負担を軽減することを究極の目的としている。

その他の相続コラム

遺言書でできること

自分が亡くなった後のことを後世に託す手段として、「遺言書」の作成があります。遺言書は、正式なものであれば様々な効力を発生させられます。実は、身分に関することやお金に関することだけでなく、もう少し身近でアバウトなことも遺言書に残せるのです。 遺言書でできる基本的なこと 遺言書は主に、「身分に関すること」「相続に関すること」「財産の使い方に関すること...

相続の相談は誰にしたらいいの?

1 はじめに 相続が生じたとき、なんの疑問もなくトラブルもなくスムーズに遺産分割がまとまり、税金の支払いや登記名義の変更まで完了することは実は少ないかもしれません。 相続についての疑問やトラブルについては誰に相談すればよいのでしょうか? 相続問題を相談できる専門家にはどのような種類があるのでしょう。詳しく...

不動産を生前贈与する手続きについて

贈与者が生きているうちに、財産を無償で受贈者に渡すことを「生前贈与」と呼びます。この生前贈与は、相続税の節税効果があることから、節税対策としてよく使用されます。しかし、不動産については、その制度内容や手続きを理解しておかないと、逆に思わぬ費用がかかることもあるため、注意が必要です。ここでは、不動産の生前贈与に必要な手続きについて解説します。 不動産...

騙されて遺産分割協議書に押印してしまった

1.騙されて遺産分割協議書に押印をした場合でも遺産分割協議をやり直すことは可能? 騙されて遺産分割協議書に押印してしまった場合でも、遺産協議分割書を無効や取り消しにすることができます。 そもそも、騙されるケースには、 詐欺や強迫によって不本意な遺産分割協議書に押印してしまったケース 遺産分割協議書が偽造されてしまったケース ...

相続・遺産分割に関するお悩みは、
神戸の相続対策に強い弁護士に お気軽にご相談ください。
初回相談無料!お電話にてご連絡ください
078-366-6760までお気軽にお電話ください(受付時間 平日9:00〜17:00) メールでのご相談予約は24時間受付中