相続コラム | 福田法律事務所

神戸の相続に強い 福田法律事務所
相談料0円 078-366-6760までお気軽にお電話ください(受付時間 平日9:00〜17:00) WEBでのご相談は24時間受付中
相続コラム画像

遺族年金を受け取る条件について

生計の担い手となっている人が死亡した場合、遺族は収入の道が絶たれてしまいます。こうした遺族を経済的に支援するための公的制度が、遺族年金制度です。

遺族年金とは

遺族年金とは、遺族に対して支給される年金です。
国民年金加入者が死亡した場合に支給される遺族基礎年金、厚生年金加入者が死亡した場合に支給される遺族厚生年金の2種類があります。

遺族年金を受け取るための前提条件

遺族年金を受け取るためには、いくつかの条件を満たす必要があります。
まず、遺族基礎年金や遺族厚生年金共通の条件として、以下の保険料納付要件を満たす必要があります。

・亡くなった月の前々月までの国民年金の加入期間の2/3以上、保険料が納付または免除されていること

・亡くなった月の前々月までの1年間に保険料の未納がないこと

国民年金の保険料に未納があると、遺族年金を受けることはできません。
それに加えて、遺族基礎年金、遺族厚生年金それぞれにおいて、満たさなければいけない条件があります。

遺族基礎年金を受け取るための条件

遺族基礎年金を受け取るための条件は次のとおりです。

亡くなった人について

亡くなった人が、次の4つのうち、いずれかの条件を満たしている条件があります。

・国民年金に加入している人
・国民年金に加入していた人で日本国内に住所があり、年齢が60歳以上65歳未満の人
・老齢基礎年金を受給中の人
・老齢基礎年金の受給資格期間を満たしている人

遺族について

受け取ることのできる遺族にも条件があります。
遺族年金を受け取ることができるのは、以下の条件を満たす遺族です。

・亡くなった人によって生計が維持されている子供(18歳到達年度の3月末が来ていない場合、障害年金の障害等級1級または2級の子供は20歳未満)

・亡くなった人によって生計を維持されていた子供のいる配偶者

子供のいない配偶者や、すでに独立した子供は遺族年金を受け取ることができません。

遺族厚生年金

会社員や公務員のような厚生年金に加入している人が死亡した場合、条件を満たした遺族は厚生年金を受け取ることができます。

亡くなった人について

次に挙げる条件のうち、いずれかを満たせば遺族厚生年金が支給されます。

・厚生年金に加入中(在職中)であった人

・厚生年金に加入中に初診を受けた傷病で初診日から5年以内に死亡した人

・障害等級1級または2級の障害厚生年金を受けられる人

・平成29年(2017年)7月までに老齢厚生年金を受けられるようになった人

・老齢厚生年金の受給資格期間(カラ期間含む)が25年以上ある人

遺族について

遺族基礎年金とは違い、条件を満たせば、子供のいない配偶者や父母、孫、祖父母といった人も受け取ることができます。

相続などの相談は弁護士に

ここまで、遺族年金の支給条件について紹介してきました。人が亡くなった場合、遺族年金の手続きに加え、相続の手続きをする必要もあります。その他、様々な法律上の問題が発生することもありますので、何か不安な点がありましたら、ぜひ弁護士にご相談ください。

このコラムの監修者

  • 福田大祐弁護士
  • 福田法律事務所

    福田 大祐弁護士(兵庫県弁護士会)

    神戸市市出身。福田法律事務所の代表弁護士を務める。トラブルを抱える依頼者に寄り添い、その精神的負担を軽減することを究極の目的としている。

その他の相続コラム

相続放棄の撤回

はじめに 当事務所に寄せられたご質問にお答えいたします。   私の父は、自営業をしていましたが、3000万円の借金を残して亡くなりました。父が残した借金を相続しても返済できる金額ではないと判断し、相続放棄の手続を進めています。ところが、最近になって父が株取引で利益を得ていたことがわかりました。借金を返済してもまだ資産として十分な額が残...

遺産分割協議ができないまま、相続税の申告期限が迫っている

■相続税申告の期限 相続税の申告期限は、相続開始から10か月です。 しかし、相続人間の関係が複雑であったり、対立がある場合には、その期限内に遺産分割の協議がまとまるとは限りません。協議がまとまらず家庭裁判所に遺産分割調停を申し立てるような場合、10か月の申告期限には間に合わない可能性が大です。 ところで、相続税のしくみは、まず相続人全員で納める相続...

事業承継の相続対策

事業承継の際に会社を相続しますが、その時に相続税や贈与税などの税金を支払わなければいけません。 どのくらい相続税や贈与税がかかるのか、その税金を節税する方法はないのかなど、悩んでいる方も多いでしょう。 後継者が会社を経営していくにあたって大きな負担になるものなので、可能な限り節税対策をしておいた方が安心です。 そこで今回は事業承継の際に支払...

相続人の欠格・廃除とは?

 民法上、被相続人が死亡したときは、子や親、場合によっては兄弟姉妹に対して相続権を保障しています。しかし、相続人の悪意によって相続させることができない、あるいは相続させたくない特定の相続人がいる場合、被相続人はどう行動すればいいでしょうか。  1つでも該当すれば即はく奪「相続欠格」次にご紹介する5つの項目のうち、いずれかに該当した相続人は相続権を失います。 ...

相続・遺産分割に関するお悩みは、
神戸の相続対策に強い弁護士に お気軽にご相談ください。
初回相談無料!お電話にてご連絡ください
078-366-6760までお気軽にお電話ください(受付時間 平日9:00〜17:00) メールでのご相談予約は24時間受付中