調停の相手が海外にいる場合の対処方法は? | 福田法律事務所

神戸の相続に強い 福田法律事務所
相談料0円 078-366-6760までお気軽にお電話ください(受付時間 平日9:00〜17:00) WEBでのご相談は24時間受付中
相続コラム画像

相続コラム(の記事一覧)

調停の相手が海外にいる場合の対処方法は?

相続が起こったとき、相続人の一部の人が海外にいるケースがあります。 このように他の相続人が海外にいる場合、遺産分割調停はどのようにして進めたら良いのでしょうか? 今回は、遺産トラブルが起こった場合で調停の相手が海外にいるケースでの対処方法をご説明します。 1.遺産分割調停は日本の裁判所でできるのか? 相続が始まると、まずは相続人全員で遺産...

子どもが小さいまま配偶者が亡くなった(特別代理人)

1.特別代理人が必要な相続のケースとは? 幼い子どもを残したまま夫が死亡し、妻とその子どもが相続人になる場合、子どもに特別代理人という人を選任する必要があります。 なぜならば、通常であれば、未成年の子については親が代理でいろいろなことを行うことができますが、相続の場合、残された配偶者と子どもがいずれも相続人になるので、残された配偶者は自らの相続権...

騙されて遺産分割協議書に押印してしまった

1.騙されて遺産分割協議書に押印をした場合でも遺産分割協議をやり直すことは可能? 騙されて遺産分割協議書に押印してしまった場合でも、遺産協議分割書を無効や取り消しにすることができます。 そもそも、騙されるケースには、 詐欺や強迫によって不本意な遺産分割協議書に押印してしまったケース 遺産分割協議書が偽造されてしまったケース ...

遺産分割調停が遠方で出頭できない

1.遺産分割調停に出頭できなくても調停成立は可能です 遺産分割調停に出頭できなくても調停を成立させることが可能であることは、家事事件手続法第270条に定められています。ただし、以下3つの条件を満たす必要があります。 1.遠隔地に住んでいるなど出頭することが困難であるという明確な理由があること 2.あらかじめ調停条項案を受諾する旨の書面を提出して...

兄弟の配偶者が親と養子縁組していた

兄弟の配偶者が親と養子縁組していたら相続はどうなる? 兄弟の配偶者がその兄弟の親と養子縁組していれば、その配偶者も他の兄弟と同じように法定相続人になります。実子と養子は、どちらも相続人としての資格を得ることになることが民法第887条第1項に定められているからです。 たとえば、ある夫妻に子どもが2人いたとします。どちらの子どもも女性だったので、娘と...

相続・遺産分割に関するお悩みは、
神戸の相続対策に強い弁護士に お気軽にご相談ください。
初回相談無料!お電話にてご連絡ください
078-366-6760までお気軽にお電話ください(受付時間 平日9:00〜17:00) メールでのご相談予約は24時間受付中