相続順位 |福田法律事務所

神戸の相続に強い 福田法律事務所
相談料0円 078-366-6760までお気軽にお電話ください(受付時間 平日9:00〜17:00) WEBでのご相談は24時間受付中
遺留分請求コラム画像

相続順位

はじめに 

亡くなった人の財産を相続する人と言えば「その人の家族」という漠然としたイメージを持たれる方も多いでしょう。確かに、残された家族は相続人になりますが、家族の中でも被相続人から見てどのような立場の人かによって優先順位が変わってきます。

 

ここでは、遺産を相続する順番と遺産分割割合について詳しくご紹介します。

 

配偶者は常に相続人

被相続人が既婚者で、配偶者を残して死亡した場合、配偶者は法律によって保護されており、必ず相続人となります。これは、生活を共にしてきた配偶者は、遺産について潜在的共有持分を持つだろうと認められること、そして被相続人の意思も配偶者に財産を残したいだろうという推測されるからです。

 

詳しくは後述しますが、配偶者の法定相続分は、相続人が誰になるかによって異なります。例えば、相続人が配偶者と子だけの場合はそれぞれ2分の1ずつ相続しますが、配偶者と被相続人のきょうだいが相続人の場合、配偶者が4分の3、被相続人のきょうだいは4分の1になります。

 

配偶者は税制面でも優遇されています。配偶者が取得した遺産が法定相続に満たない場合、または法定相続分を超えても16000万円を超えない場合は、相続税がかかりません。ただし、原則として相続税の申告期限まで遺産分割が確定していなければ、こうした優遇は受けられます。

 

なお、事実婚の夫婦の場合は婚姻届を提出していないので、パートナーは相続人になることはできません。すでに離婚した元配偶者も相続はできないので注意しましょう。

 

 

第一順位…子ども

被相続人の子も、相続欠格や廃除されている場合を除き相続権があります。被相続人に配偶者がいない場合は、子がすべて相続します。子が複数いる場合は、相続した財産を均等にわけます。被相続人に子がいる場合は被相続人の直系尊属もきょうだいも相続権はありません。

 

例えば、相続人が配偶者と子ども3人だった場合、配偶者は全財産の2分の1を相続し、子どもは原則として均等に分割するので、各2分の13等分に分けて6分の1を相続します。配偶者がおらず、子どもだけの場合は全財産を子どもが相続するので、3分の1ずつを分割して相続します。

 

なお、親が離婚していて何年も被相続人と会っていなくても、被相続人と血のつながりがある以上、子どもには相続権があります。

 

 

第二順位…被相続人の親

被相続人が子どもを残さずに親より先に死亡し、親が相続するケースです。本来ならあってほしくない相続ですが、不慮の事故や病気などによるものもあるので、可能性はゼロではありません。

 

親の法定相続分は相続人が配偶者と直系尊属のみの場合、配偶者が3分の2、直系卑属は3分の1になります。

 

 

第三順位…被相続人のきょうだい

被相続人に子どもや親がいない場合に、被相続人のきょうだいが相続できます。

 

たとえば、被相続人が配偶者ときょうだいを残して亡くなった場合、配偶者は全財産の4分の3、きょうだいは4分の1を相続します。被相続人に配偶者・親・子がいなければ、相続人であるきょうだいが全財産を相続し、人数分を均等に分割します。

 

 

なお、被相続人のきょうだいが財産を相続すると、相続税が通常の2倍増えるので注意が必要です。相続順位についてもっと詳しく知りたい方は、相続に詳しい弁護士にお気軽にお問合せください。

 

このコラムの監修者

  • 福田大祐弁護士
  • 福田法律事務所

    福田 大祐弁護士(兵庫県弁護士会)

    神戸市市出身。福田法律事務所の代表弁護士を務める。トラブルを抱える依頼者に寄り添い、その精神的負担を軽減することを究極の目的としている。

その他の遺留分請求コラム

兄弟間で代襲相続は可能か?

代襲相続とは、被相続人が亡くなる前に被相続人の子、あるいは両親が死亡している場合に被相続人の孫や甥・姪が代わりに財産を相続できる制度です。 しかし、相続人に【子供がいない、孫が相続放棄、被相続人の両親・兄弟姉妹も他界】しているといった状況であれば、兄弟姉妹の子が代わりに代襲相続をすることは可能です。 ただ、相続には順位があり、身内であれば誰でも財...

遺留分の時効について

人が亡くなると相続人が集まり遺産の相続を行います。 死亡者が法的に有効な遺言を残していた場合、遺言内容に沿って遺産の分配が行われますが、「○○に全財産を譲る」といった内容だとその他の相続人は一銭も受け取れないことになり、不公平です。 こういった相続人の不公平感を軽減するため、死亡者の兄弟姉妹以外の相続人には最低限の遺産が受け取れる「遺留分」という権利があ...

兄弟に遺留分が認められないのはなぜ?

親が亡くなってしまった時には遺言書を確認し、遺産分割を進めていきます。 しかし、中には遺言書で不公平な遺産分割を指示されており、納得ができないという方も多いでしょう。 こういった場合、遺言書で多くの遺産を譲り受けた人から他の法定相続人は遺留分の請求を行うことが可能です。ただし遺留分の請求は被相続人の兄弟・姉妹は対象外となります。 なぜ兄弟・姉妹...

離婚後疎遠になった配偶者に相続権があるか?

はじめに 離婚経験のある方は、元配偶者の方とそのお子さんの居場所を把握しているでしょうか。もしも把握しておらず、連絡先もわからない状態の場合、相続のとき注意しなければなりません。「もうずいぶん昔に離婚して、今は疎遠だから相続させるつもりはない」とお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、相続開始後は疎遠になった元配偶者との子も含めて遺産分割協議をしなければな...

相続・遺産分割に関するお悩みは、
神戸の相続対策に強い弁護士に お気軽にご相談ください。
初回相談無料!お電話にてご連絡ください
078-366-6760までお気軽にお電話ください(受付時間 平日9:00〜17:00) メールでのご相談予約は24時間受付中