遺言書無料診断サービス | 神戸の相続に強い福田法律事務所。兵庫県の遺産分割・遺留分減殺請求は相続・不動産弁護士に。明瞭な報酬で初回相談60分無料。相続紛争、手続き、遺言書作成は、弁護士・税理士・司法書士による相続・相続税・不動産専門チームにお任せください。神戸では今多くの方が相続に困っております。福田法律事務所はプロの相続対策専門家としてお手伝いさせていただきます。

神戸の相続に強い 福田法律事務所
相談料0円 078-366-6760までお気軽にお電話ください(受付時間 平日9:00〜17:00) WEBでのご相談は24時間受付中
遺言書無料診断サービス画像

遺言書無料診断サービス

「遺言書無料診断サービス実施中!」

 

当事務所では、既に遺言を作成されている方向けのサービスとして、遺言の無料診断をいたします。

弁護士が遺言の内容をチェックし、必要があればアドバイスさせていただきます。

時間の目安は1時間程度で、相談料は無料です。

 

相続の相談を多数受けていると、ときおり内容が不適切で効力を有しない遺言を目にします。

そのほとんどが、専門家のアドバイスを受けずに遺言者自身で作成されたものだと思われます。

 

遺言が適切でない理由その1―遺言の文言が不明確・不正確

最も多いのが、遺言で指定している財産が何を指しているのかが曖昧な場合です。

遺言相互の文言が矛盾してる場合もあります。

また日付や押印がないなど、法律上遺言に必要な形式が整っていない場合もあります。



 

遺言が適切でない理由その2―遺言作成から長時間経過

遺言作成から長時間が経過している場合、遺言で財産を相続させようとした相続人や第三者が、遺言書作成から相続開始までに亡くなっていることがあります。

その場合は残念ながら遺言の当該部分は有効になりません。

また、生きている間は常に財産は変化します。作成時には適切な遺言であっても、その後の変化によって当初の意図から外れてしまっている可能性があります。



 

遺言が適切でない理由その3―多方面からの検討を経ていない

内容として矛盾はないが、取りえるはずの相続税の節税対策が取られていない遺言があります。

逆に、相続税の節税だけにとらわれて、法律的には紛争必至の内容になっている遺言もあります。

これらは多角的な検討を経ないまま遺言が作成された結果、不適切になっています。

遺言書作成にあたっては、人間関係・心情に加えて税金の点や法律面での多角的な検討を経なければ適切なものとは言えません。



 

無料診断サービスの内容

  • ①お客様がどういう意図で遺言を作成され、将来どうなってほしいかという希望をお伺いします。また、遺言の内容に関して不安に思っていることもお伺いします。
  • ②遺言内容で修正、書き直しが必要な点がある場合は、その内容の概要をお伝えします。
  • ③お客様のご希望を実現させるためにはどのような生前対策・遺言が必要かをアドバイスさせていただきます。

 

無料診断サービスの流れ

  • ①当事務所にお電話いただき、診断の日時をご予約ください。その際、「遺言書の無料診断希望」とお伝えください。その場で簡単に事情をお伺いします。
  • ②無料診断の当日は以下のものをご用意ください。
  •  ・実際に作成された遺言
  •  ・家族構成(簡単な家系図)
  •  ・現在の財産の概要、不動産なら評価額がわかるもの
  • ③弁護士が直接お話をお伺いし、その内容をもとに、遺言が適切かどうかチェックし、1時間程度のアドバイスをさせていただきます。

 
なお遺言を書きなおす場合には、別途遺言書作成費用がかかります。
 
遺言書作成費用はこちら

相続・遺産分割に関するお悩みは、
神戸の相続対策に強い弁護士に お気軽にご相談ください。
初回相談無料!お電話にてご連絡ください
078-366-6760までお気軽にお電話ください(受付時間 平日9:00〜17:00) メールでのご相談予約は24時間受付中