遺言が疑わしいので無効を主張したい | 神戸の相続に強い福田法律事務所。兵庫県の遺産分割・遺留分減殺請求は相続・不動産弁護士に。明瞭な報酬で初回相談60分無料。相続紛争、手続き、遺言書作成は、弁護士・税理士・司法書士による相続・相続税・不動産専門チームにお任せください。神戸では今多くの方が相続に困っております。福田法律事務所はプロの相続対策専門家としてお手伝いさせていただきます。

神戸の相続に強い 福田法律事務所
相談料0円 078-366-6760までお気軽にお電話ください(受付時間 平日9:00〜17:00) WEBでのご相談は24時間受付中
遺言が疑わしいので無効を主張したい画像

遺言が疑わしいので無効を主張したい

相続に際しては、故人の生前の意思を尊重して行われるべきものとされています。したがって、もし遺言がある場合は、原則遺言のとおりに相続が行われます。しかし、故人の残した遺言に、何か疑わしい点がある場合はどうすればよいのでしょうか。以下、詳しく見ていくことにしましょう。

遺言の偽造が問題になりやすいケースとは?

Q:同居していた父が亡くなった後、「長男Aに全部の財産を相続させる」と書かれた手書きの遺言書が見つかりました。しかし、生前父親は二男である私Bに「面倒を見てくれたので、お前にすべての財産を残したい」とはっきり言っていましたし、よく見ると遺言書の筆跡が父のものとは異なるような気がします。もし、この遺言書が偽造なら、無効を主張したいのですが……。

特に、手書きで作成された遺言書(自筆証書遺言)には偽造・変造のリスクがあります。それは、遺言を作成した本人が亡くなっており、本人が書いたと証明してくれる人が誰もいないからです。
自筆証書遺言を作成するのには最低限紙とペンがあればよく、証人も特別な手続きも必要ありません。つまり、裏を返せば、本人が書いたことを保証してくれる人・手段がないということです。そのため、やろうと思えば、遺言書の偽造・変造も簡単にできてしまいます。遺言書の日付を書き換える、「二男」と書かれた箇所に線を一本足して「三男」にする、といったような遺言書の一部の改変、あるいは遺言書全部の偽造も可能です。
例えば、以下のような場合には、遺言書の偽造が疑われます。

・認知症などの病気が原因で意思表示や文字を書くのが難しい状態なのに、遺言書が作成されている
・遺言書の内容が特定の相続人に有利となっており、しかも遺言を残した人が生前に話していた内容と明らかに違う

 
加えて、上記の事例のように、「筆跡が違う」など不審な点が遺言書にあれば、さらに偽造・変造の疑いが強くなったといえるでしょう。
偽造された遺言書は、故人の意思を反映したものとはいえません。したがって、当然無効ということになります。

遺言書の無効を認めてもらうには?

もし遺言書に偽造を疑われる場合、偽造をしたと思われる人がその事実を認める可能性はほとんどありません。したがって実務上は、遺言無効確認訴訟で遺言書の効力を争うことになるケースが多いです。
もし訴訟となった場合には、筆跡鑑定、遺言書を執筆した当時の状況などから、遺言書が偽造もしくは変造されたことを主張・立証していくことになります。そして、裁判の結果、遺言書の偽造や変造が認められた場合は遺言書は無効となり、より前に書かれた遺言書や法定相続などにしたがって相続が行われます。また、遺言書を偽造した人が相続人であれば、その人は相続権を失います(民法891条5号)。
遺言書の偽造が疑われるケースでは、相続人同士の話し合いで事態の解決を試みるのは困難です。今後訴訟になる可能性も考えると、早めに弁護士に相談してアドバイスをもらうことをおすすめします。

相続・遺産分割に関するお悩みは、
神戸の相続対策に強い弁護士に お気軽にご相談ください。
初回相談無料!お電話にてご連絡ください
078-366-6760までお気軽にお電話ください(受付時間 平日9:00〜17:00) メールでのご相談予約は24時間受付中