用語集 | 神戸相続弁護士 福田法律事務所

神戸の相続に強い 福田法律事務所
相談料0円 078-366-6760までお気軽にお電話ください(受付時間 平日9:00〜17:00) WEBでのご相談は24時間受付中

新型コロナウイルス対策「オンライン面談・電話相談 実施中」

相続回復請求権画像

相続回復請求権

世の中には、自分の財産が事実上第三者に取り込まれているのに、それを知らないで(あるいは知っていながら放置したままにして)亡くなる方が結構います。

そういう方が亡くなれば、その取り込まれた財産は相続人の所有になります。相続人から第三者に対して、当該財産を被相続人の財産(すなわち相続財産)に戻すよう請求する権利が相続回復請求権です。

ところで、相続回復請求権は、民法上1条しか条文がなく、それも「3年で消滅」としか規定されていません。

そもそも所有権は時効にかかりません。したがって第三者が財産を取り込んでから何年経っていても、第三者が当該財産を時効取得しないかぎり、相続人は所有権に基づきいつでも財産の返還を求めることができるはずです。

しかしそれではいつまでも潜在的な紛争がなくなりません。したがって、本来返還を請求できる期間に制限はないものに、特別に期間制限を課したのが相続回復請求権の意味と考えられています。

こう考えれば、相続人は被相続人の相続財産について相続開始後によく調査しなければ、後になって第三者に取り込まれている財産があったことを知ったとしても、すでに相続回復請求権が消滅しており遅いことになるのということです。したがって注意する必要があります。

相続・遺産分割に関するお悩みは、
神戸の相続対策に強い弁護士に お気軽にご相談ください。
初回相談無料!お電話にてご連絡ください
078-366-6760までお気軽にお電話ください(受付時間 平日9:00〜17:00) メールでのご相談予約は24時間受付中