コラム | 福田法律事務所

神戸の相続に強い 福田法律事務所
相談料0円 078-366-6760までお気軽にお電話ください(受付時間 平日9:00〜17:00) WEBでのご相談は24時間受付中
遺留分請求コラム画像

遺留分請求コラム

生前贈与された財産を代襲相続で取り返せるか

生前贈与とは、被相続人が生きている間に、相続人や第三者に財産を分け与える制度です。 被相続人は原則自己の財産を自由に贈与・処分できることになっており、相続人が被相続人から婚資や養子縁組、生計の資本のため、遺贈や生前に贈与を受けたものは「特別受益」として扱われます。 実際のところ、生前贈与を受けた相続人等は良いかもしれませんが、贈与を受けられなかった方は不...

兄弟間で代襲相続は可能か?

代襲相続とは、被相続人が亡くなる前に被相続人の子、あるいは両親が死亡している場合に被相続人の孫や甥・姪が代わりに財産を相続できる制度です。 しかし、相続人に【子供がいない、孫が相続放棄、被相続人の両親・兄弟姉妹も他界】しているといった状況であれば、兄弟姉妹の子が代わりに代襲相続をすることは可能です。 ただ、相続には順位があり、身内であれば誰でも財...

遺留分の時効について

人が亡くなると相続人が集まり遺産の相続を行います。 死亡者が法的に有効な遺言を残していた場合、遺言内容に沿って遺産の分配が行われますが、「○○に全財産を譲る」といった内容だとその他の相続人は一銭も受け取れないことになり、不公平です。 こういった相続人の不公平感を軽減するため、死亡者の兄弟姉妹以外の相続人には最低限の遺産が受け取れる「遺留分」という権利があ...

遺産分割前に故人口座から金銭を引き出すことは問題か?

被相続人が亡くなったことが分かると、金融機関で口座などが凍結されます。 凍結された口座は、遺産分割が終わるまでこのままであり、名義変更などを行うこともできません。 しかし被相続人の口座をメインに利用して、現金資産のほとんどを被相続人が持っていた場合、残された家族は葬儀代などを用意できないケースもあるでしょう。 もし遺産分割前に故人口座から金銭の引き出さ...

兄弟に遺留分が認められないのはなぜ?

親が亡くなってしまった時には遺言書を確認し、遺産分割を進めていきます。 しかし、中には遺言書で不公平な遺産分割を指示されており、納得ができないという方も多いでしょう。 こういった場合、遺言書で多くの遺産を譲り受けた人から他の法定相続人は遺留分の請求を行うことが可能です。ただし遺留分の請求は被相続人の兄弟・姉妹は対象外となります。 なぜ兄弟・姉妹...

相続・遺産分割に関するお悩みは、
神戸の相続対策に強い弁護士に お気軽にご相談ください。
初回相談無料!お電話にてご連絡ください
078-366-6760までお気軽にお電話ください(受付時間 平日9:00〜17:00) メールでのご相談予約は24時間受付中