相続コラム | 福田法律事務所

神戸の相続に強い 福田法律事務所
相談料0円 078-366-6760までお気軽にお電話ください(受付時間 平日9:00〜17:00) WEBでのご相談は24時間受付中

新型コロナウイルス対策「オンライン面談・電話相談 実施中」

相続コラム画像

遺産分割協議後に遺言書が見つかったら?協議は無効?

相続の場で非常に強い力を持つ遺言書。この遺言書が、遺産分割協議が成立して遺産分割まで完了した後に見つかったとしたら…。実は、遺言書があとから見つかるというケースは、間々みられます。今回は遺産分割が終わってから遺言書が出てきた場合について解説します。

もし遺産分割後に自筆証書遺言が出てきたら?

遺言書は大きく、「公正証書遺言」と「自筆証書遺言」に分類できます。
公正証書遺言は、第三者の立会いの下に作成・保管されるもので、公証役場でその存在を確認できます。
他方、自筆証書遺言は、故人が私的に作成したものです。書いたとしても、誰にもその存在を打ち明けないこともあります。つまり、親類であっても遺言書の存在に気付かないことがあるのです。押し入れの奥深く、遺品の中に遺言書が紛れていた…といった事態は、珍しくありません。当然、相続人は遺言書の内容など全く知らずに遺産分割協議を行い、とっくに遺産分割も完了しています。

しかし、遺言書には時効がありません。したがって、遺産分割が完了したあとでも、遺言書の内容は効力を持っているのです。ただし、相続人同士で円満に遺産分割が完了しており、全員が合意済みであれば、遺産相続をやり直す必要はありません。

例えば不動産のように、時代の変遷で大きく価値が変わるものは、再分割するのが難しいでしょう。また、不動産を担保にして資金調達を行っていたり、すでに売却したりといったケースも考えられます。相続人の資産として生活に組み込まれているものを、無理やり取り上げて再分割…というのは現実的ではありませんからね。

遺産分割協議のやり直しが必要なケースは?

ただし、場合によっては遺産分割協議のやり直しが必要なこともあります。
これは、以下のようなケースです。

・遺言書の内容に対し、相続人が合意しない
相続人のひとりが遺言書に沿った遺産相続協議をやり直したいと主張すれば、再度協議が必要になります。

・相続人として法定相続人以外の人物が指定されている
法定相続人以外の人へ遺贈をするという内容であったり、子の認知などの内容が含まれていると、そもそもの相続人の範囲や遺産の範囲が変わってきます。この場合、遺産分割協議をやり直す必要があります。

・相続人の廃除について記載がある
相続人の廃除とは、故人が遺産を相続させたくない人間を指定し、相続対象から外すことです。この場合も、排除されている人間を除いた遺産分割協議が必要です。ただし、家庭裁判所で廃除の取消しを請求することもできます。

・遺言書に遺言執行者が指定されている
遺言執行者とは、遺言書に書いてある内容を実行する人物のこと。もし遺言書に遺言執行者の指定があり、指定された人物が追認(事後承諾)しない場合は、遺産分割協議をやり直さなくてはなりません。

遺産分割協議と再分配は弁護士の力が不可欠

このように再協議・分割が必要なケースでも、実際には処理が難航することが多いのです。遺言には時効がないとはいえ、その遺言をどこまで尊重するか、という問題もあります。
最近でこそ、元気なうちに遺言書を作成する人が増えていますが、それを親類に知らせていない可能性もありますからね。

もともと面倒な遺産分割が、さらに複雑になるのが再分割だと考えてください。何年、何十年も前に終わったはずの相続を、再度行うのは非常に難しく、手続きも煩雑です。相続対象の遺産を洗い出し、現在の価値に換算し直し、さらに相続人の合意も必要となれば、一般の人の手には負えないでしょう。

こういうときこそ、相続に強い弁護士の出番といえるでしょう。何かとトラブルに発展しがちな遺産相続のやり直しは、公正な視点と高度な専門知識をもった弁護士の腕の見せ所です。

このコラムの監修者

  • 福田大祐弁護士
  • 福田法律事務所

    福田 大祐弁護士(兵庫県弁護士会)

    神戸市市出身。福田法律事務所の代表弁護士を務める。トラブルを抱える依頼者に寄り添い、その精神的負担を軽減することを究極の目的としている。

その他の相続コラム

死亡退職金・遺族年金は遺産となるか

死亡退職金や遺族年金は原則として遺産とはならないため、原則として相続税がかかることはありません。例外的にどのような場合に相続税がかかるのかをご紹介し、具体的な計算方法について解説していきます。 1. 死亡退職金は遺産となるか 1-1. すべての死亡退職金が遺産となるわけではない 死亡退職金のうち非課税限度額を超えた金額は、相続税法上は遺産となります...

不動産投資で節税

2015年に相続税が増税され、不動産投資による節税に一層注目が集まるようになりました。なぜ不動産投資をすると節税になるのか、その仕組みと注意点についてご紹介します。 なぜ不動産投資をすると節税になるのか例えば、1億円の遺産を相続する場合、キャッシュで1億円残っていると全額課税対象となります。しかし、その1億円を使って不動産を購入すると、購入価格ではなく、購入...

エンディングノートに記載すべき内容

 誰しもが人生を終える時が来ます。それがいつ、どのような形で来るのかは誰にもわかりません。大切な人に最期の言葉を伝えられないまま「その時」を迎えるかもしれません。 エンディングノートは、自分自身の生き方を振り返り、家族への大切なメッセージを残すことができます。どのようなことを書けばいいでしょうか。 エンディングノートの役割大切な家族を失ったとき、葬儀や納骨の...

自分の被相続人に対する貢献を考慮して欲しい

寄与分とは 法定相続分は法律で一律に決められていますので、個別具体的な事情をみたときに、法定相続分で分割することがかえって不公平になることがありえます。 典型例は、複数いる兄弟のうちの1人が被相続人と長年同居し、被相続人の家業を手伝い、生活費を負担し、最後は介護に従事したといったケースです。 このようなケースでも、法定相続分は兄弟で均等ですので、法定相...

相続・遺産分割に関するお悩みは、
神戸の相続対策に強い弁護士に お気軽にご相談ください。
初回相談無料!お電話にてご連絡ください
078-366-6760までお気軽にお電話ください(受付時間 平日9:00〜17:00) メールでのご相談予約は24時間受付中