相続コラム | 福田法律事務所

神戸の相続に強い 福田法律事務所
相談料0円 078-366-6760までお気軽にお電話ください(受付時間 平日9:00〜17:00) WEBでのご相談は24時間受付中

新型コロナウイルス対策「オンライン面談・電話相談 実施中」

相続コラム画像

被相続人の生前に相続放棄させることはできる?

相続は、被相続人(亡くなった親など)の権利や義務を全て引き継ぐという原則があります。つまり、貯金や車、不動産だけではなく、マイナスの資産(借金などの負債)も引き継ぐわけです。これを回避するための方法が「相続放棄」であることは、ご存じの方も多いでしょう。

しかし、被相続人が亡くなる前に相続放棄は可能なのでしょうか。今回は生前の相続放棄について解説します。

被相続人が生きていても相続放棄はできる?

結論から言うと、被相続人が生きているときは相続放棄を選択できません。

例えば、両親が多大な負債をかかえており、存命中に返済することがほぼ不可能であるとわかっているとき、子がそれを相続したくないとしましょう。この場合、子は将来予定されている相続に備え、両親が生きている間に「相続放棄」の意思を表明しても、相続放棄は成立しません。これは契約書などを作成した場合でも同様です。

ではなぜ、生前に相続放棄ができないのでしょうか。

日本の民法では、生前の相続放棄についての規定がなく、相続放棄が成立するためには「相続が開始していること」が、大前提だからです。つまり「開始していないものを放棄することはできない」という考え方になります。ちなみに、相続放棄が可能な期間については、民法第915条に記載があります。

“第915条 (相続の承認又は放棄をすべき期間)
相続人は、自己のために相続の開始があったことを知った時から三箇月以内に、相続について、単純若しくは限定の承認又は放棄をしなければならない。ただし、この期間は、利害関係人又は検察官の請求によって、家庭裁判所において伸長することができる。
相続人は、相続の承認又は放棄をする前に、相続財産の調査をすることができる。”

では、将来、被相続人の負債が自分にふりかかってくることが明らかなとき、何かできることはないのでしょうか。ここからは、相続放棄の代替案をご紹介します。

相続放棄の代替案~相続を回避する手続き

相続放棄は「負債」が絡んでいることがほとんどです。つまり、相続放棄は不可能であっても、被相続人の負債にどう向き合うかを突き詰めれば良いことになります。
以下は、相続放棄の代替案として考えられる手続きです。

負債よりも財産が多い段階なら「生前贈与」

将来にわたって負債が増えていく傾向があっても、まだプラスの財産のほうが大きい場合は、生前贈与でプラス分を譲り受けることが可能です。
また、生前贈与で受け取った財産は、相続開始後に相続放棄を選択しても返す必要がありません。

負債と縁を切り、プラスの財産だけを受け取れる「生命保険」

生命保険の「死亡保険金」は、相続財産に該当せず、相続放棄を選択しても受け取ることができます。これを利用し、借金部分については相続放棄を選択し、プラス部分については生命保険に利用する、という対策が考えられます。

生前に決着をつける「債務整理」

特定調停や自己破産、任意整理など、被相続人の負債を整理しておくことも有効な対策です。ただし、どれを選択しても決着までには数か月~1年以上の時間を要します。また、弁護士のサポートが必須ですので、早めの相談をおすすめします。

相続放棄の代替案は早めの計画立案を

このように相続放棄は不可能であっても、生前からできる対策はいくつかあります。しかし、いずれもある程度の時間が必要なものですから、早めに計画を進めるようにしましょう。

また、相続開始後であれば「限定承認」という選択も可能です。限定承認は、いわゆる限度付きの相続で「相続がマイナスにならない範囲で財産を受け継ぐ」制度です。負債があることは確実だけれど、その金額がはっきりしない、という場合には限定承認の選択も検討してみてください。

いずれにしても、相続に強く実績のある弁護士に相談しながら、最適な選択肢を考えていきましょう。

その他の相続コラム

被相続人が債務を残して亡くなった場合の対処方法は?

自分が相続人になっているときに、遺産の内容を調べてみたら、借金などの債務が含まれていることが判明するケースがあります。このように、遺産の中に債務がある場合、債務も相続の対象になるので、放っておくと借金も相続しなければならなくなります。 債務を相続したくない場合には、相続放棄や限定承認などの手続きを利用しなければなりません。 そこで今回は、被相続人...

子どもが小さいまま配偶者が亡くなった(特別代理人)

1.特別代理人が必要な相続のケースとは? 幼い子どもを残したまま夫が死亡し、妻とその子どもが相続人になる場合、子どもに特別代理人という人を選任する必要があります。 なぜならば、通常であれば、未成年の子については親が代理でいろいろなことを行うことができますが、相続の場合、残された配偶者と子どもがいずれも相続人になるので、残された配偶者は自らの相続権...

騙されて遺産分割協議書に押印してしまった

1.騙されて遺産分割協議書に押印をした場合でも遺産分割協議をやり直すことは可能? 騙されて遺産分割協議書に押印してしまった場合でも、遺産協議分割書を無効や取り消しにすることができます。 そもそも、騙されるケースには、 詐欺や強迫によって不本意な遺産分割協議書に押印してしまったケース 遺産分割協議書が偽造されてしまったケース ...

相続登記をしない場合のデメリットについて

相続登記は不動産の相続時、名義変更時に必要な手続きです。しかし、「親の名義のまま変更していなかった」というケースをよく耳にします。では、不動産の相続登記を行わずにいると、具体的にどのようなデメリットがあるのでしょうか。 不動産の相続登記とはなにか?なぜ必要? まず不動産の相続登記について解説します。不動産の相続登記とは、簡単に言えば「被相続人(亡くなった...

相続・遺産分割に関するお悩みは、
神戸の相続対策に強い弁護士に お気軽にご相談ください。
初回相談無料!お電話にてご連絡ください
078-366-6760までお気軽にお電話ください(受付時間 平日9:00〜17:00) メールでのご相談予約は24時間受付中