相続コラム | 福田法律事務所

神戸の相続に強い 福田法律事務所
相談料0円 078-366-6760までお気軽にお電話ください(受付時間 平日9:00〜17:00) WEBでのご相談は24時間受付中
相続コラム画像

胎児に相続権はあるの?夫の財産は受け取れる?

不幸にも妊娠中に夫が亡くなったとき、問題になるのが「胎児の相続権」です。できることなら、これから生まれてくる子どもにも、何らかの遺産を分けてあげたい。そう考える方は少なくないと思います。今回は、胎児が相続権を得るための条件・遺産分割などについて解説します。

胎児にも相続権は認められる!ただし条件あり

まず「胎児に相続権があるか」どうかですが、答えは「ある」ということになります。一般的に相続権が認められるためには「権利能力」があることが前提です。日本の民法では、権利や義務の主体となる資格を「権利能力」として定義し、権利能力を持つことができるのは人(自然人)と法人だけです。ただし、相続権に関しては法人には認められず、自然人のみが対象となっています。では、まだ産まれていない胎児はどうなるのでしょうか。これについて民法第886条では、次のように規定しています。

“第886条 (相続に関する胎児の権利能力)
1.胎児は、相続については、既に生まれたものとみなす。
2.前項の規定は、胎児が死体で生まれたときは、適用しない。”

1項を見てわかるとおり、「胎児であっても生まれているとみなす」と書かれています。これはどういうことかというと、「自然人(いわゆる生きている人間)」と同様に考えるということです。つまり、胎児にも相続権が認められており、れっきとした相続人なわけですね。ただし、「生きて産まれてくること(死産ではないこと)」が条件です。ちなみに、生まれてからほんの数分でも生存していれば、相続権を持つ(持っていた)ことになります。

胎児が相続人になる具体的な事例

では、もう少し具体的に、胎児が相続人になる事例を見ていきましょう。

○妊娠中に夫が死亡した場合
通常の相続と同じく、夫の遺産を妻と子供(胎児)が半分ずつ相続することになります。ただし、生まれたばかりの子供には、特別代理人の選任が必要です。特別代理人とは、相続人が未成年者のときに選任される代理人です。「代理人なら親である妻がなればいいのでは?」と思うかもしれませんが、相続においてはこれができません。
なぜなら妻と子供は、遺産相続において利害が対立しており、妻の思惑次第で子供の取り分を操作して、減らすこと可能性だからです。これを「利益相反」と呼び、利益相反がある間柄では代理人になることができません

○出産前に離婚した場合
妊娠したものの、出産前に離婚し、さらに離婚した元夫が死亡してしまった場合です。離婚しているので、元妻には相続権がありません。一方、お腹の子が生きている状態であれば相続権があります。もしお腹の子が無事に生まれてくれば、特別代理人をつけ、元夫の遺産分割協議に参加できるようになります。

○胎児が産まれて間もなく死亡した場合
出産後、ほんのわずかな時間でも生きていれば、その時点で相続権があったとみなされます。また、胎児が死亡したあとは、胎児の相続が開始されます。次のようなステップで考えるとわかりやすいでしょう。

1.妊娠中に夫が死亡し、遺産として現金1500万円
2.妻と生まれてきた子供が750万円ずつ相続する
3.子どもが出生後45分で亡くなり、相続が開始されて妻が相続人となる
4.子どもの遺産750万円を妻が相続

専門家に手続きを依頼して出産に備える

出産前の時期は、精神的にも肉体的にも非常に重要な時期です。また、前述したように特別代理人の選任申し立てや、遺産分割協議も見越さなくてはなりません。もし、出産前の子供が相続人になりそうな場合は、相続に強い弁護士に相談してみましょう。出産前の負担を少しでも軽くしつつ、産まれてくる子の権利を守り、将来に備えることができますよ。

このコラムの監修者

  • 福田大祐弁護士
  • 福田法律事務所

    福田 大祐弁護士(兵庫県弁護士会)

    神戸市市出身。福田法律事務所の代表弁護士を務める。トラブルを抱える依頼者に寄り添い、その精神的負担を軽減することを究極の目的としている。

その他の相続コラム

家族信託とは

はじめに 家族信託とは、認知症や判断能力が低下したときに備え、財産の管理、処分を家族に託す制度です。2007年に信託法が改正され、開始したばかりで社会的な認知度はまだ低いものの、相続対策として今後さらに利用者が増えることが予想されます。ここでは、家族信託の概要と注意点について詳しく説明します。 家族信託が利用されるケースとは 認知症などで判断能力が...

遺言に漏れていて触れられていない遺産がある

1.遺言に漏れていた遺産はどうすればいい? 遺言に漏れていた遺産があった場合、その遺産をどう分けるのかについて相続人全員で遺産分割協議を行うのが原則となります。単に遺言書に記載漏れとなっている遺産があった場合でも、相続人全員の話し合いによってどのように分けるのかを話し合います。 2.遺言に漏れていた遺産があった場合、遺言書はどうなる? 遺言にすべての遺...

若いうちからしておきたい生前対策

 「生前対策」と言えば、高齢者や病気などで寿命が迫っている方がするものというイメージがあるかもしれません。しかし、身近な人の死をきっかけに20~30代の若いうちから生前整理をする方もいます。 生前それまで元気に過ごしていたのに、ある日突然、病気や事故などで生涯を終える可能性はゼロではありません。誰しもが死を迎える時が必ず来ます。その日に備えて生前整理をしてお...

任意後見制度

1 成年後見制度 認知症や、知的障害、精神障害など、精神上の障害が理由で判断能力が不十分な人は、自分で財産を管理したり、必要なサービスに申し込んだりすることが難しい場合があります。 契約の内容をよくわからないまま契約を結んでしまったり、場合によっては騙されたり、悪徳商法にひっかかってしまったりして、不利益を受けるかもしれません。 このような...

相続・遺産分割に関するお悩みは、
神戸の相続対策に強い弁護士に お気軽にご相談ください。
初回相談無料!お電話にてご連絡ください
078-366-6760までお気軽にお電話ください(受付時間 平日9:00〜17:00) メールでのご相談予約は24時間受付中