相続コラム | 福田法律事務所

神戸の相続に強い 福田法律事務所
相談料0円 078-366-6760までお気軽にお電話ください(受付時間 平日9:00〜17:00) WEBでのご相談は24時間受付中
相続コラム画像

相続放棄の撤回

はじめに

当事務所に寄せられたご質問にお答えいたします。

 

私の父は、自営業をしていましたが、3000万円の借金を残して亡くなりました。父が残した借金を相続しても返済できる金額ではないと判断し、相続放棄の手続を進めています。ところが、最近になって父が株取引で利益を得ていたことがわかりました。借金を返済してもまだ資産として十分な額が残るそうです。そこで、相続放棄の撤回をしたいのですが、このような理由で相続放棄の撤回はできるのでしょうか?

 

法律上、相続放棄の撤回は認められていないため、相続放棄をするときは慎重な判断が求められます。ただし、例外的に相続放棄を撤回できるケースもあります。どのようなときに相続放棄の撤回が認められるでしょうか。

 

相続放棄の撤回が認められるケース

相続放棄が認められるのは、次のケースに限定されています。

①相続放棄の申述書が受理されていない

②詐欺または脅迫によって強制的に相続放棄させられた場合

③未成年が法定代理人の同意を得ずに行った相続放棄

④成年被後見人が行った相続放棄

⑤後見監督人がいるのに、被後見人もしくは後見人が後見監督人の同意を得ずに行った相続放棄

⑥被保佐人が保佐人の同意を得ずに行った相続放棄

 

①は、まだ相続放棄の手続が完了していない段階のため、相続放棄の撤回ができます。②~⑥は、すでに裁判所に相続放棄の手続が完了していますが、本人の意思によらない相続放棄や、未成年者などの制限行為能力者が行った相続放棄には例外的に撤回が認められています。

 

今回ご質問をいただいた方の場合、相続放棄の申述書が正式に受理されていない段階なら撤回できます。しかし、すでに申述書が受理されているなら、相続放棄の撤回は残念ながら難しいでしょう。

 

相続放棄撤回の手続

相続放棄の撤回をする場合は、相続放棄の申立てを行った人が、家庭裁判所に取消の申し立てを行います。申立期間は追認(騙されたとわかった時または脅迫の状態から免れた時)から6ヶ月以内、または相続放棄の手続が完了してから10年以内に手続が可能です。これのいずれかを過ぎると時効により権利が消滅します。

 

 

まとめ

相続放棄を撤回するには、上記のような理由がなければ認められません。「やっぱり気が変わったから」あるいは「実は財産が残っていたから」などの理由で撤回することは禁止されています。安易な理由で相続放棄の撤回を認めると遺産分割協議が進まず、相続手続が長引いてしまい他の法定相続人に迷惑がかかってしまうためです。

 

相続放棄は、相続放棄をするかしないかを判断する「熟慮期間」(相続の開始があったことを知った時から3ヶ月間)が法律上認められており、相続放棄を希望する場合は熟慮期間内に手続を行います。相続放棄をする場合は、この熟慮期間内に被相続人の財産をしっかり把握したうえで手続を進めるのが望ましいでしょう。

このコラムの監修者

  • 福田大祐弁護士
  • 福田法律事務所

    福田 大祐弁護士(兵庫県弁護士会)

    神戸市市出身。福田法律事務所の代表弁護士を務める。トラブルを抱える依頼者に寄り添い、その精神的負担を軽減することを究極の目的としている。

その他の相続コラム

相続法改正で変わった遺留分制度

2019年7月に相続法は1980年以来、約40年ぶりに大きく見直されました。 改正の背景は、国民の平均寿命が延びて高齢化社会が発展するなど社会経済が大きく変化したことから、その変化に対応するためです。 相続法改正に伴い、相続人が最低限受け取れる財産範囲を示す遺留分制度も見直されています。 具体的に今までの遺留分制度と何が変わったのでしょうか? 今回は...

生命保険は相続財産に含まれる?

夫、あるいは妻や親が亡くなった際、相続人に当たる人たちは相続の手続きを行います。 故人が所有していた財産を相続するという場面では、生命保険をどのように扱うかでトラブルになる事例は多いです。   相続での不満や後悔、争いを避けるためにも、生命保険が相続財産に含まれるのか、税金対策はどうすべきかを確認しておきましょう。 所有していた財産...

胎児に相続権はあるの?夫の財産は受け取れる?

不幸にも妊娠中に夫が亡くなったとき、問題になるのが「胎児の相続権」です。できることなら、これから生まれてくる子どもにも、何らかの遺産を分けてあげたい。そう考える方は少なくないと思います。今回は、胎児が相続権を得るための条件・遺産分割などについて解説します。 胎児にも相続権は認められる!ただし条件あり まず「胎児に相続権があるか」どうかですが、答えは「ある...

遺言が本当に有効なものか疑問がある

亡くなった方の生前の言動やおかれた状況から考えて、このような内容の遺言を残すはずがないと思える遺言がしばしば見受けられます。 1.まず他の遺言を探す そのような場合、まずはその遺言の他にも遺言が残されていないかを十分確認してください。 いま存在する遺言は状況が変わる前に作成された遺言であって、状況が変わった後に別の遺言が作成されている可能性がありま...

相続・遺産分割に関するお悩みは、
神戸の相続対策に強い弁護士に お気軽にご相談ください。
初回相談無料!お電話にてご連絡ください
078-366-6760までお気軽にお電話ください(受付時間 平日9:00〜17:00) メールでのご相談予約は24時間受付中