相続コラム | 神戸相続弁護士 福田法律事務所

神戸の相続に強い 福田法律事務所
相談料0円 078-366-6760までお気軽にお電話ください(受付時間 平日9:00〜17:00) WEBでのご相談は24時間受付中
相続コラム画像

遺言執行者って何をしてくれるの?

遺産相続では、遺言書が重要な意味を持ちます。しかし、遺言書に記載されている内容が必ず実行されるとは限りません。そこで遺言書の内容を実現させる者として「遺言執行者」を立てる場合があります。では遺言執行者は、具体的にどのようなことをしてくれるのでしょうか。

遺言執行者は何をしてくれるのか?

まず、遺言執行者が持つ権限について簡単に説明します。
遺言執行者は、「相続財産の管理その他遺言の執行に必要な一切の行為をする」者であり、「他の相続人に勝手な行いをさせない」という役目を担っています。これは民法の第1012条及び1013条に規定があります。

“民法第1012条 (遺言執行者の権利義務)
1.遺言執行者は、相続財産の管理その他遺言の執行に必要な一切の行為をする権利義務を有する。
2.第644条から第647条まで及び第650条の規定は、遺言執行者について準用する。”

“民法第1013条 (遺言の執行の妨害行為の禁止)
遺言執行者がある場合には、相続人は、相続財産の処分その他遺言の執行を妨げるべき行為をすることができない。”

では、もう少し具体的に遺言執行者が行う手続きをみていきましょう。遺言執行者が行う手続は、以下のものが該当します。

・遺言書に書かれた子供の認知や相続人の廃除、取消
・株式の名義変更等
・不動産の名義変更(登記の移転など)
・預貯金の解約・名義変更

特に重要なのが「遺言書に書かれた子供の認知や相続人の廃除、取消」です。これは遺言執行者がいなければ、実現することができません。
このように遺言執行者は、遺言書の内容を具現化するための「番人」のような役目を負います。
したがって、遺言の内容を確実に実行したいときには必須の存在といえますね。

遺言執行者の選び方は?

遺言執行者は、原則として未成年者や破産者を除いて誰でもなることができます。ただし、選び方には3つの方法があります。

1.あらかじめ遺言書によって指定する
2.あらかじめ遺言書によって、遺言執行者を指定する人を指定しておく
3.相続手続き開始後、家庭裁判所に選任の申立てを行う(家庭裁判所に選んでもらう)

このように、遺言書で指定することもできますし、後から家庭裁判所に選任してもらうこともできるわけです。

遺言執行者を立てるメリットは?

前述したように遺言執行者を選任することで、「遺言執行者でなければ実現不可能なことができる」ようになります。
さらに、外部の専門家に依頼すれば、相続の場を整然かつ不公平がないようにおさめるという効果も期待できるでしょう。
相続人は、遺言の執行に関して利害関係があります。そのため、相続人が遺言執行者を兼ねる場合には、どれだけ優れた遺言執行者であっても、執行にあたって手心を加えないとは限りません。
また、相続人の中に遺言執行者がいると、その他の相続人の嫉妬や猜疑心などから遺産相続協議が難航する可能性がでてきます。
一方、外部の専門家は完全なる第三者なのでで、利害関係の中にいません。
つまり、弁護士など外部の専門家を遺言執行者として選任すれば、遺言書の内容を公正に実行できる可能性が高まるわけです。

遺言書に万全を期すならば弁護士を遺言執行者に!

弁護士を遺言執行者として選任すれば、自分の死後、遺族同士がいがみあうことのないようにとの想いが実現しやすくなります。
もちろん、身内である相続人を遺言執行者に指定したときと比べると、費用面のデメリットがあることは否めません。
一般的に、弁護士を遺言執行者として指定すると、遺産評価額の1%から3%を依頼料として支払うことになります。遺産の評価額にもよりますが平均は30~60万円に落ち着くのではないでしょうか。
要は、費用面のメリットをとるか、自分の死後の確実さをとるか、という判断になるかと思います。
例えば、相続人に含まれないかわいいお孫さんに、どうしても遺産を相続させたい場合などは、遺言執行者を弁護士に依頼するのが無難かもしれません。
人間誰しもが、自分の死後のことには関与できません。だからこそ、冷静かつ公平に遺言の内容を実行できる専門家の手が必要なのです。

このコラムの監修者

  • 福田大祐弁護士
  • 福田法律事務所

    福田 大祐弁護士(兵庫県弁護士会)

    神戸市市出身。福田法律事務所の代表弁護士を務める。トラブルを抱える依頼者に寄り添い、その精神的負担を軽減することを究極の目的としている。

その他の相続コラム

共有名義の不動産は誰がどのように相続できる?

1.共有とは 共有とは、所有権などある権利が複数の主体によって支配・利用されている状態のことをいいます。 不動産が共有名義であるというのは、不動産を複数人が所有している状態をいいます。 不動産の場合は、一緒に住む家族との共有名義だったり購入資金を援助してくれた親族などとの共有名義になっていることが多いです。 2.不動産が共有の場合の法律関...

遺言で指定された財産を相続したくない

1.はじめに 亡くなった方の財産の中に相続したくない財産があった場合、相続人はどうすればよいでしょうか。 たとえば、ぼろぼろな上に遠方にある等、相続してもどうしようもない不動産があったような場合です。 特に、遺言書でその不動産を自分に相続させることが明記してあったような場合には、戸惑う方も多いでしょう。 そのような場合にどうすればよい...

相続放棄した方が良いケース

はじめに Q:私の夫はもともと親兄弟と仲が悪く、ほとんど縁を切っているような状態でした。しかし、最近になって義父が病死したと連絡があり、葬儀に参加したのですが、その際夫は相続を放棄すると主張したのです。夫の意志は固く、すでに相続放棄の手続きを進めています。いくら不仲とはいえ、もったいないことをしていると思うのですが… 相続するかどうかは本人の自由な意...

公正証書とは

1 はじめに 公正証書とは、法務省から任命された法律のプロである公証人が作成する公文書です。 さまざまな書面が公正証書で作成されることがあります。公正証書は、公証人という信頼された人が作成する点で、信用力がある文書として扱われます。それにとどまらず、執行文言を記載すれば、公正証書に記載された金銭債務を履行しない相手に対しても裁判を経ることなく 直ちに...

相続・遺産分割に関するお悩みは、
神戸の相続対策に強い弁護士に お気軽にご相談ください。
初回相談無料!お電話にてご連絡ください
078-366-6760までお気軽にお電話ください(受付時間 平日9:00〜17:00) メールでのご相談予約は24時間受付中