相続コラム | 福田法律事務所

神戸の相続に強い 福田法律事務所
相談料0円 078-366-6760までお気軽にお電話ください(受付時間 平日9:00〜17:00) WEBでのご相談は24時間受付中
相続コラム画像

特別受益の払い戻しについて

当事務所に寄せられたご質問にお答えいたします。

50代女性。父が数年前に亡くなってから、80代の母は兄家族と暮らしていました。その母もほどなくして認知症を患い、持病で亡くなりました。生前、母の貯蓄は2000万円ほどあると本人から聞いていましたが、口座を確認すると1500万円ほどしか残されていませんでした。このようなとき、遺産分割ではどのように対処すればいいでしょうか。

亡くなられたお母様の預貯金がどのようにして使われたかによって対応が変わってきます。詳しくご紹介します。

特別受益とは

被相続人から生前、特定の相続人が婚姻・養子縁組のため、または生計の資本として贈与した財産のことを「特別受益」といいます。相続分の前渡しとしてみなされ、遺産分割協議の際に相続財産として加えることで公平に遺産分割ができます。今回ご質問をいただいた方の場合、本来あるはずの500万円についてお兄様が使ったかもしれないとのことですが、どのような目的で500万円を支出したかによって対処法が変わってきます。

まずは入出金を確認する

まずは、どのような用途で支出したか確認してみましょう。本人に聞くのが一番早いですが、通帳の開示を拒否した場合は金融機関に入出金履歴を照会してもらえます。

不足していた500万円について、お兄様が親の介護など正当な理由で引き出し、領収書などを確認できて納得のいく説明を受けた場合は、そのような事情を前提として遺産分割協議を始めます。また、お兄様が親から500万円の贈与を受けた場合は、500万円を上乗せした合計2000万円を相続人同士で分割します。

なお、ここでお兄様が預貯金500万円の使い道を開示しない場合、使途不明金として処理することになります。使途不明金も、被相続人の許可を得たうえで払い戻していた場合は、特別受益として認定することになります

問題となるのは被相続人の許可なく払い戻していた場合です。被相続人の生前に払い戻した場合は、不当利得返還請求権または不法行為による損害賠償請求権を被相続人から相続します。被相続人の死後にお金を払い戻していた場合、ほかの相続人様不当利得返還請求権または不法行為による損害賠償請求権を構成できます。結局のところ、被相続人から贈与されていないにもかかわらず、預貯金を勝手に使い、正当な理由なく使われてしまった場合は、当該相続人から返還もらわなければなりません。

使途不明金があった場合の対処法

遺産分割協議は、被相続人の財産をすべて把握できてはじめて協議を開始できます。すなわち、使途不明金がある状態では、遺産分割協議ができません。相続人同士の話し合いで解決できない場合は、遺産分割調停で、特定の期日までに使途不明金の取り扱い方について話し合い、合意を目指します。調停で合意に至らなかった場合は、民事訴訟によって解決することを促す運用が行われています。

その他の相続コラム

相続放棄のメリットとデメリット~簡単なようで難しい相続放棄

相続放棄とは、「本来なら被相続人から受け継ぐ権利・義務の全てを放棄する」手続きです。一般的には、相続財産に借金や負債が含まれている場合に選択されます。「親の借金を引き継ぎたくないから」という理由で、相続放棄を選択される方は少なくありません。しかし、相続放棄にはデメリットも存在します。そこで、相続放棄におけるメリットとデメリットを整理してみましょう。 ...

若いうちからしておきたい生前対策

 「生前対策」と言えば、高齢者や病気などで寿命が迫っている方がするものというイメージがあるかもしれません。しかし、身近な人の死をきっかけに20~30代の若いうちから生前整理をする方もいます。 生前それまで元気に過ごしていたのに、ある日突然、病気や事故などで生涯を終える可能性はゼロではありません。誰しもが死を迎える時が必ず来ます。その日に備えて生前整理をしてお...

教育資金贈与制度とは

はじめに 当事務所に寄せられたご質問にお答えいたします。 先日、相続対策セミナーに行ったとき「教育資金贈与」という、教育資金としての贈与なら贈与税が非課税になる制度について簡単な話を聞きました。具体的にはどのような制度なのでしょうか? 30歳未満の子や孫に対し、教育資金として使用する目的で贈与する場合は贈与税が対象外となる「教育資金贈与」は、相...

自分に不利な遺言書が出てきた

◆遺言の有効性の確認 ほかの相続人と比べて自分に不利な遺言が出てきた場合、まずはその遺言が有効なものかどうか確認しましょう。 自筆で書かれた遺言であれば、家庭裁判所で検認する必要があります。 ◆遺言を排除できないか? 遺言が有効であったとすると、今度はほかの相続人との間で、遺言と違う内容の遺産分割ができる可能性を検討します。 というのは、有効な...

相続・遺産分割に関するお悩みは、
神戸の相続対策に強い弁護士に お気軽にご相談ください。
初回相談無料!お電話にてご連絡ください
078-366-6760までお気軽にお電話ください(受付時間 平日9:00〜17:00) メールでのご相談予約は24時間受付中