相続コラム | 福田法律事務所

神戸の相続に強い 福田法律事務所
相談料0円 078-366-6760までお気軽にお電話ください(受付時間 平日9:00〜17:00) WEBでのご相談は24時間受付中
相続コラム画像

預金が勝手に下ろされている

相続が開始し、いざ被相続人の財産を調べようと預金口座の取引履歴を調べてみると、どうみても本人によるものと思えない死亡直前の預金引き出しが見つかることがあります。

死亡日の1週間ほど前から、毎日50万円(1日の引き出し限度額)ずつATM経由で引き出されているケースなどが典型例です。

誰が引き出したのか?

まず、引き出した相続人が自分が引き出したことをあっさり認めれば問題ないですが、自分は知らない、関与していないといって引き出しを認めないことがあります。

その場合は、

①本人が自分で引き出せる状態になかったこと

②当該相続人がキャッシュカードを保管していたこと

③他の相続人が本人財産の管理に関与していなかったこと、

などの間接事実を積み上げて当該相続人が引き出したことを証明していきます。

使途の証明

また、引き出した相続人が、引き出したことは認めるものの、本人の承諾を得て本人のために使ったと主張することが考えられます。

このような主張がされたときは、使途を説明してもらい、その裏付けとなる領収書類を出してもらうことが必須です。

使途が入院代のようにすぐに支払われて領収金額も明確なものであればこちらも納得できますが、支払う必要があるのか疑問があったり、金額が不必要に高額なときは、より詳細な説明を求める必要があります。

合理的な説明ができない金額は、当該相続人が自分のために費消したことが疑われます。

裁判の長期化

こういった預金引き出し問題が持ち上がったときは、まず相続人間で話し合い、それでも決着がつかないときは家庭裁判所の遺産分割調停の中で話し合います。
ところが、遺産分割調停でも話し合いがつかなかった場合、この問題は遺産分割調停とは別に地方裁判所(または簡易裁判所)に不当利得返還請求あるいは損害賠償請求の訴訟を提起する必要があります。
家庭裁判所の遺産分割調停・審判は、あくまで相続開始時の遺産を分割する手続であって、生前に引き出された預金について終局的に判断する権限がないからです。

したがって、この問題に決着がつかないと、最終的な解決は長引くことになりますので、できれば相続人間の話し合いか遺産分割調停の中で合意することが望ましいといえます。

預金・不動産・保険・株式に関する記事の一覧はこちら

https://sou-zoku.jp/column_cat/tyokin-hudousan-hoken-kabushiki/

その他の相続コラム

全員が相続放棄して引き取り手がいない財産はどうなる?

相続は故人の権利義務を引き継ぐものですが、財産に借金などが含まれていると「相続放棄」が選択されることも珍しくありません。では、相続放棄によって引き取り手がいなくなった財産は、最終的にどうなるのでしょうか。 意外と知られていない、相続放棄後の財産の行方について解説します。 相続放棄された財産は国のものになる? 相続放棄を選択すると、法律上は相続人...

相続させたくない相続人がいる時の対処法

1 はじめに 被相続人が亡くなったときにもめる原因のひとつとして,相続人のうちの誰かに相続をさせたくない,というものがあります。 被相続人が亡くなる前,介護に協力しなかった相続人や被相続人に暴力をふるっていた相続人, 何十年も前に家を飛び出してお葬式だけ姿を現した相続人など相続財産を渡したくない,と他の相続人が不満を持つようなケースが多いように感じま...

遺言が本当に有効なものか疑問がある

亡くなった方の生前の言動やおかれた状況から考えて、このような内容の遺言を残すはずがないと思える遺言がしばしば見受けられます。 1.まず他の遺言を探す そのような場合、まずはその遺言の他にも遺言が残されていないかを十分確認してください。 いま存在する遺言は状況が変わる前に作成された遺言であって、状況が変わった後に別の遺言が作成されている可能性がありま...

養子の相続権

 相続人の中に養子が含まれていると、通常の相続のときより気をつけるべきことがあります。というのも、養子になったタイミングや被相続人との関係次第で、相続人としての資格を有していない可能性があるからです。養子が相続権を持っていない状況について詳しくご紹介します。  養子の法的地位血のつながりがなくても必要な手続きを経て法律上の親子関係を結ぶことを「養子縁組」とい...

相続・遺産分割に関するお悩みは、
神戸の相続対策に強い弁護士に お気軽にご相談ください。
初回相談無料!お電話にてご連絡ください
078-366-6760までお気軽にお電話ください(受付時間 平日9:00〜17:00) メールでのご相談予約は24時間受付中