相続コラム | 神戸相続弁護士 福田法律事務所

神戸の相続に強い 福田法律事務所
相談料0円 078-366-6760までお気軽にお電話ください(受付時間 平日9:00〜17:00) WEBでのご相談は24時間受付中
相続コラム画像

行方不明の相続人がいる場合の遺産分割

行方不明の相続人がいると、いつまでたっても遺産分割協議を進められないため困ってしまいます。このような場合、行方不明の相続人が不在の状況で遺産分割をするためには、どのような対応をすればいいのでしょうか。

この記事では、行方不明の相続人がいる場合の遺産分割はどうなるのか、どのような手続きが必要なのか、といった点についてご説明します。
 

行方不明の相続人がいる場合の遺産分割はどうなる?

行方不明の相続人がいる際は、以下の2点を守って遺産分割をしなければなりません。
 

行方不明の相続人を抜いて遺産分割をすることはできない

基本的に、遺産分割協議は行方不明の相続人も含めてしなければなりません。被相続人が死亡すると、その人の銀行口座は凍結されます。銀行口座からお金を引き出すためには、遺産分割協議書と相続人の戸籍謄本、相続人全員の印鑑証明書が必要です。

このような場合は『【ケース別】行方不明の相続人がいる際の対応』でご説明する手続きをする必要があります。
 

行方不明の相続人にも財産が残るように遺産分割をしなければならない

また、行方不明者に財産を残さないような遺産分割協議の内容にすると、家庭裁判所に不在者財産管理人へ権限外行為を許可してもらえません。基本的に、行方不明者にも法定相続分に相当する財産を残す必要があります。
 

【ケース別】行方不明の相続人がいる際の対応

行方不明者がいても遺産分割をする際は、以下のいずれかの対応をすることになります。
 

行方不明が生きていることを知っており、住所を調べていない場合

行方不明者が生きていることがわかっている場合は、まず現在の住所登録がどこになっているのか確認しましょう。

現在の住所登録を確認するためには、戸籍のある市区町村役場の市民課で、戸籍の附票を取得しましょう。ただ、戸籍に関する情報は個人情報になるため、被相続人が亡くなったことがわかる書類が必要です。必要書類について問い合わせをしてから市区町村役場に行くとスムーズです。
 

行方不明が生きていることを知っており、住所が不明な場合

戸籍の附票を取得し、行方不明者の住所があると思われる場所に行っても行方不明者が見つからないようなこともあります。

このような場合は、行方不明者の財産管財人を選任し、管財人が行方不明者の代わりに遺産分割協議に参加することになります。

財産管財人を立てるには、家庭裁判所に対して不在者財産管理人の選任申立てをし、許可を得る必要があります。
 

行方不明の生死も住所も不明な場合

失踪宣告を受けると、行方不明者が相続人から除外されます。

失踪宣告を受けるには、行方不明者の住所地または居所地の家庭裁判所に失踪宣告の申し立てをします。申し立てをできるのは、法律上の利害関係がある人で、例えば配偶者、相続人、財産管理人などが該当します。

ただ、死亡宣告が認められるのは行方不明者の生死が7年以上明らかでない場合と、震災や船舶の沈没の被害に遭い、被害の後1年以上生死がわからない場合に限ります。

上記の期間に満たないような場合は、
在者財産管理人を選任することになるでしょう。
 

財産管理をし続けるのを避けたい場合の対処法

不在者財産管理人を選任して遺産分割をすると、不在者財産管理人は行方不明者が現れるまで財産を管理し続けなければならなくなるため、負担になってしまいます。

このようなときによく利用されるのが、帰来時弁済という遺産分割です。帰来時弁済型の遺産分割をした場合、特定の相続人に行方不明者の相続分を預かってもらい、行方不明者には何も相続させない、という遺産分割が可能になります。ただし、行方不明者が現れて請求をされた場合は、その人の相続分にあたる財産を支払う必要があります。

帰来時弁済型の遺産分割をする際は、不在者が帰来し請求をされた場合、相続人は〇〇万円を支払う、といった内容を協議書に追加する必要があります。

ただし、帰来時弁済型の遺産分割を利用できるのは、以下に当てはまるような場合です。

  • 帰来の可能性が低い
  • 行方不明者に子がいない
  • 相続財産が高額でない

 

まとめ

この記事では、行方不明の相続人がいる場合の遺産分割について解説をしてきました。行方不明者がいる場合は、まずは住所を確認し、連絡を取れるようにしましょう。

住所がわからない場合は、不在者財産管理人を選任する選択肢と、失踪宣告を受ける選択肢があります。しかし、失踪宣告を受けるためには行方不明の期間が7年以上でなければならないので、不在者財産管理人を選任した方がスムーズかもしれません。

財産の管理が大変になりそうであれば、帰来時弁済型の遺産分割を検討してください。

このコラムの監修者

  • 福田大祐弁護士
  • 福田法律事務所

    福田 大祐弁護士(兵庫県弁護士会)

    神戸市市出身。福田法律事務所の代表弁護士を務める。トラブルを抱える依頼者に寄り添い、その精神的負担を軽減することを究極の目的としている。

その他の相続コラム

単純承認に該当する具体例とは?単純承認とみなされる例に注意!

相続において注意しなければならないのが「単純承認」とみなされてしまうことです。 単純承認に該当してしまうと、相続放棄をすることができなくなり、回避する予定だった借金などの相続を受けて不利益を被る可能性があります。 では、一体どのようなケースが単純承認になるのでしょうか。 そもそも単純承認とは何か? 相続は、被相続人の権利・義務を全て引き継ぎま...

故人が会社代表だった場合、相続人がするべきことはある?

はじめに 会社(あるいは個人事業)の代表者が亡くなったとき、相続人は、自分たちの生活はいったいどうなるのか、事業に関係ある財産はどうなるのか、事業の借金まで支払わなければならないのかなど、不安に感じることがあるかもしれません。 故人が会社の経営などをしていた場合、相続人は、相続の際にどのようなことに気をつければよいのでしょうか。 1.個人が会社...

遺族年金を受け取る条件について

生計の担い手となっている人が死亡した場合、遺族は収入の道が絶たれてしまいます。こうした遺族を経済的に支援するための公的制度が、遺族年金制度です。 遺族年金とは 遺族年金とは、遺族に対して支給される年金です。 国民年金加入者が死亡した場合に支給される遺族基礎年金、厚生年金加入者が死亡した場合に支給される遺族厚生年金の2種類があります。 ...

若いうちからしておきたい生前対策

 「生前対策」と言えば、高齢者や病気などで寿命が迫っている方がするものというイメージがあるかもしれません。しかし、身近な人の死をきっかけに20~30代の若いうちから生前整理をする方もいます。 生前それまで元気に過ごしていたのに、ある日突然、病気や事故などで生涯を終える可能性はゼロではありません。誰しもが死を迎える時が必ず来ます。その日に備えて生前整理をしてお...

相続・遺産分割に関するお悩みは、
神戸の相続対策に強い弁護士に お気軽にご相談ください。
初回相談無料!お電話にてご連絡ください
078-366-6760までお気軽にお電話ください(受付時間 平日9:00〜17:00) メールでのご相談予約は24時間受付中