相続コラム | 福田法律事務所

神戸の相続に強い 福田法律事務所
相談料0円 078-366-6760までお気軽にお電話ください(受付時間 平日9:00〜17:00) WEBでのご相談は24時間受付中

新型コロナウイルス対策「オンライン面談・電話相談 実施中」

相続コラム画像

故人が会社代表だった場合、相続人がするべきことはある?

はじめに

会社(あるいは個人事業)の代表者が亡くなったとき、相続人は、自分たちの生活はいったいどうなるのか、事業に関係ある財産はどうなるのか、事業の借金まで支払わなければならないのかなど、不安に感じることがあるかもしれません。

故人が会社の経営などをしていた場合、相続人は、相続の際にどのようなことに気をつければよいのでしょうか。

1.個人が会社経営をしていた場合

株式会社や特例有限会社などは、いわゆる「法人」です。法が人格を与えたものを「法人」と呼びますが、わたしたち自然人とは異なり、法人は病気になったり死亡したりはしません。そのため、会社の代表取締役が亡くなっただけでは、会社まで亡くなることはありません。

もっとも、当然に、会社のもの全てが相続人のものになるわけではありません。

①株式について

株式会社であれば、株式を持っている人(株主)が株式会社の所有者です。そのため、故人が株式を保有していなければ、相続人が会社の経営に関与することはありません。

故人が有していた株式は、相続財産にあたりますので、相続人が相続することになります。

②会社の代表者の地位について

亡くなった人の相続人が当然に社長になるわけではありません。社長や代表取締役が亡くなった時点で、その会社には代表が存在しないことになり、新たに会社の代表者を決めなくてはなりません。

代表取締役を誰にするのか決定する権限を有するのは、原則として会社の株主です。たとえば、故人が会社のすべての株式を所有していた場合は、相続人だけが株主になりますから、この場合は、相続人が株主となり代表取締役を決めることができるのです。

③会社の財産について

会社が使用している土地建物や、機械などは会社所有の財産であることがほとんどですから、故人の相続人がこれらを相続することはありません。

④会社の借入金について

同じように、会社名義の借金も、当然に相続人が相続することにはなりません。

しかし、会社の借入れは、代表取締役等の代表者が連帯保証人になっているケースが多いです。

この場合、相続人が連帯保証人の地位を相続することになります。そして、会社が借入金を返済できない場合は、連帯保証人が借入金を返済しなくてはならなくなってしまいます。

会社の経営状態が悪化しているなど、連帯保証人が責任を取らなければならない事態に陥りそうな場合には、会社の借入金の連帯保証人として請求されることを免れるために、相続放棄をすることが考えられます。

ただし、会社の借入金だけを相続放棄することはできません。相続放棄は、一切の相続財産を受け取る権利を放棄する制度ですから、相続財産の中に預金や自宅不動産がある場合にはそれらのプラスの財産も相続放棄しなければなりません。また、それらの財産を使ってしまったり処分してしまうと、借入金の相続放棄はできなくなってしまいますので注意が必要です。

2.個人事業の場合

故人が、個人事業主であった場合はどうでしょうか。個人事業主として事業をしていた場合は、事業に使っていた財産も事業主の財産であることが多いので、それらの事業用財産も含めた個人資産すべてが相続の対象となります。

つまり、事業用財産も相続によって相続人へ承継されることになります。

もし、事業の後継者が決まっていれば、事業用財産と個人の財産を区別して、遺言書を作成しておくなどすれば、遺産分割や、事業の承継がスムーズに進むでしょう。

注意したいのは、後継者が相続人以外である場合です。この場合、相続の中では承継できないので、別途後継者に財産を引き継がせる契約もしくは遺贈をすることが必要です。

3.まとめ

故人が会社代表をしていたり事業をしていた場合には、その会社の種類や事業形態によって、法律関係が全く異なってきます。また、会社に関する規制は、会社の規模や組織形態によっても異なります。また、跡継ぎが誰か、どのように継がせるかによってもするべきことは変わってきます。

相続人の方たちが、故人が経営していた会社がどのような会社であったのか、株は誰が持っているのかをまったく把握していないことも珍しくありません。

必ず、専門家である弁護士に相談して適切なアドバイスを受けるようにしてください。

遺産分割協議の一覧はこちら
遺産分割協議

このコラムの監修者

  • 福田大祐弁護士
  • 福田法律事務所

    福田 大祐弁護士(兵庫県弁護士会)

    神戸市市出身。福田法律事務所の代表弁護士を務める。トラブルを抱える依頼者に寄り添い、その精神的負担を軽減することを究極の目的としている。

その他の相続コラム

遺産分割協議ができないまま、相続税の申告期限が迫っている

■相続税申告の期限 相続税の申告期限は、相続開始から10か月です。 しかし、相続人間の関係が複雑であったり、対立がある場合には、その期限内に遺産分割の協議がまとまるとは限りません。協議がまとまらず家庭裁判所に遺産分割調停を申し立てるような場合、10か月の申告期限には間に合わない可能性が大です。 ところで、相続税のしくみは、まず相続人全員で納める相続...

不動産の相続を共有名義にしても問題ないか

当事務所に寄せられたご質問にお答えいたします。 先日、一人暮らしをしていた父が病死しました。長男である私と、弟1人、妹2人の4人で遺産分割をしますが、なかなか話し合いが進まない状況です。特に実家のある土地はそれほど広くはなく、4人で分割するのは現実的に難しいです。そこで弟が、とりあえず共有名義にしてはどうかと提案してきました。不動産は共有名義にしても法...

養子の相続権

 相続人の中に養子が含まれていると、通常の相続のときより気をつけるべきことがあります。というのも、養子になったタイミングや被相続人との関係次第で、相続人としての資格を有していない可能性があるからです。養子が相続権を持っていない状況について詳しくご紹介します。  養子の法的地位血のつながりがなくても必要な手続きを経て法律上の親子関係を結ぶことを「養子縁組」とい...

葬儀代の負担でもめている

1.葬儀代の負担でもめる原因とは? 葬儀代の負担でもめてしまうのは、一人の相続人が葬儀代をすべて負担してしまうことが原因です。 地域や風習、しきたりなどで長男が葬儀代のすべてを負担することがあるかもしれません。たとえば、長男がすべての遺産を相続する代わりに葬儀代を負担する、という慣習があることがあります。 しかし、昔のしきたりにとらわれず、次男...

相続・遺産分割に関するお悩みは、
神戸の相続対策に強い弁護士に お気軽にご相談ください。
初回相談無料!お電話にてご連絡ください
078-366-6760までお気軽にお電話ください(受付時間 平日9:00〜17:00) メールでのご相談予約は24時間受付中