相続コラム | 福田法律事務所

神戸の相続に強い 福田法律事務所
相談料0円 078-366-6760までお気軽にお電話ください(受付時間 平日9:00〜17:00) WEBでのご相談は24時間受付中
相続コラム画像

相続放棄申述期間(3ヶ月)の期限が過ぎた場合の処理

 

被相続人の財産や債務の相続をすべて放棄する「相続放棄」の手続きは、相続開始を知ったときから3ヶ月以内とされています。この3ヶ月を過ぎてしまった場合、どのように対処すればいいのか詳しくご紹介します。

 

 

そもそも起算日はいつになるのか

相続放棄申述期間の起算日は「被相続人が亡くなった事実」と「被相続人と自分との身分関係を知ったとき」の両方がそろったときです。

 

被相続人である親と子どもが頻繁に会ったり、連絡を取ったりしていれば「被相続人と自分との身分関係」を知っていて当然ですが、被相続人との身分関係を把握できないケースもあります。

 

例えば、被相続人である男性が、何十年も前に離婚した元妻との間にできた子どもなど、ずっと疎遠だった場合は、相続が開始されたことをすぐに知らされないかもしれません。このようなケースでは、被相続人が死亡した知らせを受けた日が起算日となります。

 

また、相続放棄は被相続人のすべての財産を把握し、相続人が集まって遺産分割協議を行ったり、必要な書類を用意して裁判所で申述を行ったりと、何かと手続きに時間がかかります。こうした事情を配慮して、相続放棄をするかしないかを判断するために3ヶ月間の猶予を設けているのです。

 

 

申述期間を過ぎるとどうなる?

相続人は、3ヶ月の申述期間を過ぎると、相続を承認したものとみなされ、相続放棄ができなくなります。

 

しかし、法律上「相続」は財産ばかりではなく、借り入れや連帯保証人などの債務も相続します。もしも被相続人の遺産が財産より債務が多い場合は、相続放棄をするのが一般的です。

 

巨額の負債を相続してしまい、相続人が返済できず自己破産するリスクも十分に考えられるため、相続放棄はできるだけ早く手続きを進めた方が賢明でしょう。

 

 

例外的に相続放棄が認められるケース

ただ、こうした厳格なルールが定められている中で、特段の事情があれば例外的に相続放棄を認める裁判例もあります。

 

そのほとんどが「相続財産がないと思っていたが、被相続人の死亡から3ヶ月を過ぎた後に債務が見つかった」というケースです。相続財産がないと信じるに値する相当の理由があれば、3ヶ月を過ぎた後も相続放棄が認められる可能性があります。

 

過去の判例では、次のような事案で相続放棄を認めています。

・「被相続人に債務はない」という、債権者からの誤った情報を信じて相続放棄を行わなかったが、実際には借金があった

・被相続人死亡後、3ヶ月を経過した後に債権者から督促状が届き、多額の借金をしていることが判明した。

 

 

相続放棄申述期間を過ぎてしまったら弁護士に相談を

被相続人の死後、法律を知らずに相続放棄の手続きをしなかったために、債務を相続してしまったとしても、基本的に法律の不知は許されないため、相続を承認したものとみなされます。法律の世界では「知らなかったでは済まされない」のです。

 

とはいえ、「債務がないと信じられるような相当な理由」さえあれば、申述期間を過ぎた後の相続放棄が認められる可能性もあります。申述期間を過ぎたものの、どうしても相続放棄をしたい場合、相続に詳しい弁護士に相談することをおすすめします。相続放棄をしなかった理由が、正当であると認められ、債務を相続せずに済むかもしれません。相続に強みを持つ弁護士が詳しくお話をうかがうので、まずはお気軽にご相談ください。

 

このコラムの監修者

  • 福田大祐弁護士
  • 福田法律事務所

    福田 大祐弁護士(兵庫県弁護士会)

    神戸市市出身。福田法律事務所の代表弁護士を務める。トラブルを抱える依頼者に寄り添い、その精神的負担を軽減することを究極の目的としている。

その他の相続コラム

相続放棄申述期間(3ヶ月)の期限が過ぎた場合の処理

 被相続人の財産や債務の相続をすべて放棄する「相続放棄」の手続きは、相続開始を知ったときから3ヶ月以内とされています。この3ヶ月を過ぎてしまった場合、どのように対処すればいいのか詳しくご紹介します。  そもそも起算日はいつになるのか相続放棄申述期間の起算日は「被相続人が亡くなった事実」と「被相続人と自分との身分関係を知ったとき」の両方がそろったときです。 被...

自分に不利な遺言書が出てきた

◆遺言の有効性の確認 ほかの相続人と比べて自分に不利な遺言が出てきた場合、まずはその遺言が有効なものかどうか確認しましょう。 自筆で書かれた遺言であれば、家庭裁判所で検認する必要があります。 ◆遺言を排除できないか? 遺言が有効であったとすると、今度はほかの相続人との間で、遺言と違う内容の遺産分割ができる可能性を検討します。 というのは、有効な...

お墓の管理者が決まらない(祭祀承継者)

お墓の管理者を決める方法は3つあります お墓の管理について民法第897条では、「祭祀に関する権利」として定めています。祭祀全般に関する所有権として系譜、祭具、墳墓が具体的に列記されており、お墓の管理者は祭祀承継者となります。遺骨に関しても、祭祀承継者に所有権があるものとされています。 同じく民法第897条では、祭祀承継者に関する3つの決定方法を規定し...

贈与と相続どちらが得?

はじめに Q:最近、知人から生前贈与の手続きを始めたという話を聞きました。贈与の方が相続よりも税率が低くて節税につながるのだそうです。 本当に相続より贈与の方が得なのでしょうか? 「贈与と相続、どちらが得か」よく聞かれる質問です。しかし、保有している相続財産の金額によってどちらが得になるかは異なります。 ここでは、贈与と相続の違い、それと贈与...

相続・遺産分割に関するお悩みは、
神戸の相続対策に強い弁護士に お気軽にご相談ください。
初回相談無料!お電話にてご連絡ください
078-366-6760までお気軽にお電話ください(受付時間 平日9:00〜17:00) メールでのご相談予約は24時間受付中