オープンに遺産分割を進めて早期に終了した事例 | 神戸相続弁護士 福田法律事務所

WEB相談も受け付けております
078-366-6760

電話受付 9:00~17:00 (平日)

解決事例画像

解決事例

オープンに遺産分割を進めて早期に終了した事例

【解決事例】
相談前

相談者の兄は独身で、多額の財産を残して亡くなりました。

他の兄弟の中には亡くなっている方もあり、その子供数名が代襲相続人になり、相続人が合計で5人の遺産分割のケースでした。ただし、日本全国に居住地が散らばっていることもあり、相続人間にはあまり交流はありませんでした。

相談者ご自身も高齢で、ご自身で各相続人に連絡を取り、一人ひとり説明して遺産分割の了解を得るのは不可能でした。

また、相続財産も多岐にわたり、不動産の処分も必要になるので、なかなかご自分で遺産分割を進めるのは厳しいケースでした。

相談後

当事務所で遺産分割交渉を受任しました。

戸籍を追って相続人を割り出していくうちに、実は相談者の父が晩年に再婚し、年の離れた妹がいることが判明しました。相談者も、今まで全く存在を知らなかった異母兄弟でした。

相続人全員に手紙を送り、遺産分割への協力を求めました。

もともと相続人間の関係性が薄かったので、遺産をすべて売却して現金に替え、それを法定相続分に応じて他の相続人に送金するという方針を立て、全員に了解していただきました。

遺産分割協議書の作成、不動産の処分、株式の売却、預金の解約、これらに必要な各相続人の委任状と印鑑証明書などの手配と、単純ながらもかなりの量の事務作業が必要でした。

進捗報告の手間はかかりましたが、丁寧に各相続人に説明したため全員の円滑な協力が得られ、結果的には紛糾することもなく、想定していたよりも早期に遺産分割を終えることができました。

弁護士からのコメント

子供がいない被相続人のケースは、たいてい高齢の兄弟間での相続になります。こういったケースで遺産分割協議を円滑にすすめるには、ポイントがあります。

①分割割合は法定相続分によること
②遺産の内容を詳細に開示し、処分(換価)すべき財産があればその処分方針を丁寧に説明すること
③できるだけ他の相続人に手間をかけさせず、現金を受け取るだけに済ませること

などです。関係者がご高齢なので、入院や施設入所などで手続がストップしないよう、スピード勝負という面もあります。

その他の解決事例

遺留分減殺請求をし、交渉により金銭の分与を受けることができた事例

【解決事例】
相談前

相談者は長男で、ビル1棟を所有していた父親が亡くなり、相続が発生しました。長男と不仲だった父親は、次男にすべてを相続させる遺言書を作成しており、兄弟は父親が亡くなって初めてその遺言内容を知りました。

同じく父親の遺言により相続ができなかった長女は諦めていましたが、納得いかない長男は、こんな不公平な遺言を覆すことはできないかと当事務所に相談に来られました。

詳しく見る >

生前の多額の引き出しが問題になった遺産分割調停

【解決事例】
相談前

相談者の父親が亡くなり,相続人は長男(相談者)と長女だけでした。長女は長年父親と同居していたため,相続発生後,相談者が長女に父親の遺産を明らかにするよう求めました。 ところが,長女から明らかにされた父親の遺産は,相談者が予想していたよりも預金金額がかなり少なかったため,不審に思った相談者がこのまま遺産分割の話を進めてよいか迷い,当事務所に相談に来られました。

詳しく見る >

調停に出頭しない相続人がいる場合の解決事例

【解決事例】
相談前

相談者の父・母・祖父はすべて亡くなっており、それらの現在の相続人は、相談者と兄だけでした。

しかし、兄は父母共に健在であったころから実家に寄りつかなくなっており、相談者ももう何十年も兄と交流がありませんでした。

相続の件で久々に兄と話し合いをしようとするも、電話番号はわからない、住所に手紙を送っても返信がない、調べ上げた勤務先も既に退職済みと、相談者にとっては音信不通で全く話ができない状態でした。

祖父や父は不動産を所有していましたが、その名義変更をしようにも兄の協力がなければできません。そこで困り果てて、当事務所に相談に来られました。

詳しく見る >

長年未分割だった土地を交渉で売却に持ち込んだ例

【解決事例】
相談前

相談者の父親は、数十年以上前に亡くなっていました。

父親は、土地を遺産として残していましたが、相談者の兄が遺産である空き地に建物を建て、長年そこで商売してきました。

相談者は、遺産分割で土地を売却するよう兄に求め続けましたが、商売を理由にずっと拒否され続けてきました。

遺産である土地は交通至便なところで住宅地としても人気があり、売却すれば相当な金額が見込まれましたが、兄が拒否し続けるため、相談者は事実上遺産を受け取れない状態が長く続いていました。

なんとかこれを解決できないかと、当事務所に相談に来られました。

詳しく見る >

相談実績年間100件以上! 実績豊富な3名の弁護士が在籍!

神戸で相続・遺産分割のお悩みは、
福田法律事務所にお任せください。

(初回60分 相談無料 ご予約で夜間/休日対応可能)