相続コラム | 福田法律事務所

神戸の相続に強い 福田法律事務所
相談料0円 078-366-6760までお気軽にお電話ください(受付時間 平日9:00〜17:00) WEBでのご相談は24時間受付中
相続コラム画像

遺産分割協議ができないまま、相続税の申告期限が迫っている

■相続税申告の期限

相続税の申告期限は、相続開始から10か月です。
しかし、相続人間の関係が複雑であったり、対立がある場合には、その期限内に遺産分割の協議がまとまるとは限りません。協議がまとまらず家庭裁判所に遺産分割調停を申し立てるような場合、10か月の申告期限には間に合わない可能性が大です。

ところで、相続税のしくみは、まず相続人全員で納める相続税の総額が決まり、その中から実際に各相続人が取得した遺産の額に応じてそれぞれの相続税額を割り振る制度をとっています。
したがって、相続人間で遺産分割協議が終わらないと各相続人の個別の相続税額は決まりません。しかし、協議がまとまっていなくても、申告期限は変わらず相続開始から10か月以内です。

ではその場合にどうするかというと、それぞれが法定相続分で遺産を取得したと仮定して、いったん期限までに申告して相続税を納めるのです。そして、その後3年以内に遺産分割協議が終われば、最終的に得られた遺産額で計算して相続税申告のやり直し(更正の請求)をします。
しかし、遺産分割が未了のまま申告する場合の問題は、配偶者の税額軽減など、有利な税法上の特典が使えないことです。

■キャッシュの用意を

税法上の特典よりももっと深刻な問題は、遺産分割が終わらなければ遺産が手元に得られないにもかかわらず、納税は先にしなければいけないことです。つまり、遺産の中から相続税を払うということができず、申告期限までに計画的に納税資金を準備しておかなければなりません。

このコラムの監修者

  • 福田大祐弁護士
  • 福田法律事務所

    福田 大祐弁護士(兵庫県弁護士会)

    神戸市市出身。福田法律事務所の代表弁護士を務める。トラブルを抱える依頼者に寄り添い、その精神的負担を軽減することを究極の目的としている。

その他の相続コラム

被相続人の生前に相続放棄させることはできる?

相続は、被相続人(亡くなった親など)の権利や義務を全て引き継ぐという原則があります。つまり、貯金や車、不動産だけではなく、マイナスの資産(借金などの負債)も引き継ぐわけです。これを回避するための方法が「相続放棄」であることは、ご存じの方も多いでしょう。 しかし、被相続人が亡くなる前に相続放棄は可能なのでしょうか。今回は生前の相続放棄について解説します。...

遺産分割協議書の書き方

はじめに 被相続人(亡くなった人)が、遺言を残さずに死亡した場合、被相続人の財産は相続人全員の共有財産となるのが民法の決まりです。 しかし、たとえば不動産などは、いつまでも共有にしていても権利関係が複雑になり、利用・処分方法を巡って争いになるもとにもなるため、相続人間で話し合って分配していくことになります。 ...

相続登記をしない場合のデメリットについて

相続登記は不動産の相続時、名義変更時に必要な手続きです。しかし、「親の名義のまま変更していなかった」というケースをよく耳にします。では、不動産の相続登記を行わずにいると、具体的にどのようなデメリットがあるのでしょうか。 不動産の相続登記とはなにか?なぜ必要? まず不動産の相続登記について解説します。不動産の相続登記とは、簡単に言えば「被相続人(亡くなった...

生命保険は相続財産に含まれる?

夫、あるいは妻や親が亡くなった際、相続人に当たる人たちは相続の手続きを行います。 故人が所有していた財産を相続するという場面では、生命保険をどのように扱うかでトラブルになる事例は多いです。   相続での不満や後悔、争いを避けるためにも、生命保険が相続財産に含まれるのか、税金対策はどうすべきかを確認しておきましょう。 所有していた財産...

相続・遺産分割に関するお悩みは、
神戸の相続対策に強い弁護士に お気軽にご相談ください。
初回相談無料!お電話にてご連絡ください
078-366-6760までお気軽にお電話ください(受付時間 平日9:00〜17:00) メールでのご相談予約は24時間受付中