相続コラム | 福田法律事務所

神戸の相続に強い 福田法律事務所
相談料0円 078-366-6760までお気軽にお電話ください(受付時間 平日9:00〜17:00) WEBでのご相談は24時間受付中

新型コロナウイルス対策「オンライン面談・電話相談 実施中」

相続コラム画像

不動産の相続を共有名義にしても問題ないか

当事務所に寄せられたご質問にお答えいたします。

先日、一人暮らしをしていた父が病死しました。長男である私と、弟1人、妹2人の4人で遺産分割をしますが、なかなか話し合いが進まない状況です。特に実家のある土地はそれほど広くはなく、4人で分割するのは現実的に難しいです。そこで弟が、とりあえず共有名義にしてはどうかと提案してきました。不動産は共有名義にしても法律的には問題ないのでしょうか?

不動産を相続人の共有名義にすること自体は、法律違反ではありません。しかし、共有名義はトラブルに発展することが多く、あまりおすすめはしません。以下、詳しく説明します。

 

売却などの手続きが困難

相続した不動産を相続人の共有名義にすると、処分するのに全員の同意が必要です。名義人全員の同意を得るのはなかなか簡単なことではありません。売却はもちろん、担保権や抵当権の設定、土地の改良など、不動産にかかわる法的な手続きはすべて名義人全員の同意がなければできません。「相続人同士、仲がいいから問題ない」などの理由で共有名義にするケースも見られますが、果たして本当にそうでしょうか。

 

例えば、相続人のうちの誰かが「固定資産税の支払いが負担だから土地を売却したい」と主張しても、「まだ売り時ではない」「将来、誰かが住むかもしれないから」などの理由で反対されたら、売却は不可能です。結局、不動産の活用ができないまま、手を付けられない状態となり、資産価値が落ちてしまう可能性も十分に考えられます。

 

 

数次相続(相続の相続)などで将来的にもリスクがある

不動産を共有名義の状態で名義人のうちの1人が死亡した場合、その名義人の配偶者や子などが法定相続人となるため、持ち分がさらに細分化されます。遺産分割協議の際には、共有名義人と法定相続人が協議することになりますが、相続人の人数が増えると話し合いがまとまりにくく、不動産の処分がほぼ不可能になります。

 

不動産の共有名義は、その場では争わずに円満解決になるかもしれません。しかしそれは、遺産分割の問題を先送りしていることに他ならず、根本的な解決にはなりません。それに、先送りすればするほど、権利関係は複雑になり、問題解決が困難となります。相続する不動産の共有名義で登記してしまった方、あるいはすでに共有名義の不動産を相続している方は、問題解決のためにも速やかに名義変更の手続きをすることをおすすめします。

 

 

不動産は単独名義がおすすめ

相続人同士のトラブルを防ぐためにも、不動産は単独名義にするのがベストです。ただし、相続人のうち一人が財産を独占する状態となるため、次に挙げる2つの方法のいずれかで遺産分割を行いましょう。

 

①代償分割

相続人のうち一人が不動産などの現物を相続し、ほかの相続人に相続分相当の代償金を支払う方法を代償分割といいます。遺産分割において現物分割が理想的でも、金銭で調整するしかないときに利用されます。

 

ただし、代償分割は物理的に現物分割が不可能な場合や、代償分割の方が合理的な場合などの特別な事情がなければ原則として認められません。

 

②換価分割

不動産などの財産を売却し、その売却代金を相続人同士で分割する「換価分割」という方法があります。現物分割も代償分割もできないときに換価分割が行われます。

 

以上を踏まえて、相続する不動産の名義は一人だけに絞ることを前提に遺産分割協議を進めることをおすすめします。不動産の名義についてほかの相続人同士で揉めてしまう可能性があるときは、相続に強い弁護士にぜひご相談ください。

このコラムの監修者

  • 福田大祐弁護士
  • 福田法律事務所

    福田 大祐弁護士(兵庫県弁護士会)

    神戸市市出身。福田法律事務所の代表弁護士を務める。トラブルを抱える依頼者に寄り添い、その精神的負担を軽減することを究極の目的としている。

その他の相続コラム

遺産の使い込みへの対処法

 当事務所に寄せられたご質問にお答えいたします。 病死した父の通夜葬儀を終え、私と母、弟の3人で遺産分割を行う運びとなりました。しかし、父の預金通帳を確認すると、父の死亡時刻からわずか数時間後に預金通帳からほぼ全額の引き出しがあるのを確認しました。私は身に覚えがなく、母と弟に確認してもどちらも「知らない」「わからない」の一点張りです。しかし、父の銀行口座を管...

胎児に相続権はあるの?夫の財産は受け取れる?

不幸にも妊娠中に夫が亡くなったとき、問題になるのが「胎児の相続権」です。できることなら、これから生まれてくる子どもにも、何らかの遺産を分けてあげたい。そう考える方は少なくないと思います。今回は、胎児が相続権を得るための条件・遺産分割などについて解説します。 胎児にも相続権は認められる!ただし条件あり まず「胎児に相続権があるか」どうかですが、答えは「ある...

遺言信託について

はじめに 遺言の内容を確実に実行してほしいときに、選択肢の一つとなるのが「遺言信託」です。遺言信託は、遺言書作成に関する相談から、遺言書の保管、遺言の執行まで、相続について一連の手続きを第三者(主に信託銀行)に委託することをいいます。 相続人同士の争いを防ぐ目的で遺言書を作成したものの、遺言書に不備があったときに相続争いが起きてしまっては本末転倒です。遺...

お墓の管理者が決まらない(祭祀承継者)

お墓の管理者を決める方法は3つあります お墓の管理について民法第897条では、「祭祀に関する権利」として定めています。祭祀全般に関する所有権として系譜、祭具、墳墓が具体的に列記されており、お墓の管理者は祭祀承継者となります。遺骨に関しても、祭祀承継者に所有権があるものとされています。 同じく民法第897条では、祭祀承継者に関する3つの決定方法を規定し...

相続・遺産分割に関するお悩みは、
神戸の相続対策に強い弁護士に お気軽にご相談ください。
初回相談無料!お電話にてご連絡ください
078-366-6760までお気軽にお電話ください(受付時間 平日9:00〜17:00) メールでのご相談予約は24時間受付中