相続コラム | 福田法律事務所

神戸の相続に強い 福田法律事務所
相談料0円 078-366-6760までお気軽にお電話ください(受付時間 平日9:00〜17:00) WEBでのご相談は24時間受付中

新型コロナウイルス対策「オンライン面談・電話相談 実施中」

相続コラム画像

遺産分割における不動産の評価の仕方

はじめに

Q:亡くなった父が生前に3000万円で買った不動産を、私を含めた相続人で分割することになりました。私が懇意にしている不動産会社に査定を依頼したところ、3800万の価格がつきましたが、弟が依頼した不動産鑑定士による査定価格は3600万円だったそうです。この場合、どちらの価格をもとに遺産分割を行えばいいのでしょうか?

複数の業者に査定を依頼して異なる査定価格が出てしまったとき、本当に正しい価格がわからくなってしまうと遺産分割協議のときに混乱を招きかねません。ここでは、不動産を遺産分割するとき、どのような方法で評価するべきかご紹介します。

不動産の評価方法はさまざま

不動産の評価を決めるには次の4つの方法があります。

①不動産会社による査定

不動産会社による簡易査定は無料で行っているところが多く、実務上ではこの方法がよく用いられています。不動産会社は、日常的な業務で不動産を取り扱っており、不動産価格に関して詳しく知っていますから、合理的な評価方法ともいえるでしょう。ただし、不動産会社が評価した金額は、あくまで「対象不動産を売却したときの価格」になるため、他の方法による査定より高額になる傾向にあります。

②不動産鑑定士による査定

不動産鑑定士による査定は、他のどの評価方法よりも客観性が高く、相続人間で不公平が生じない方法です。ただし、不動産鑑定士による鑑定を依頼すると査定価格がわかるまでに1~2ヶ月ほどかかる上に、数十万円の費用も発生します。

③固定資産税評価

自治体が固定資産税を課税するために3年ごとに定める価格で、固定資産税の納付書または固定資産評価証明書に評価額が記載されています。

国土交通省が毎年1月1日に発表する地価公示価格の7割程度の価格が不動産の評価額とされており、国が認めた客観的な評価額といえるため、この評価額から取引価格の算出ができます。

④相続税評価

国税局が定めた路線価等を基礎に相続税や贈与税の課税を目的として算出された価格のことです。地価公示価格の8割程度の価格が不動産の評価額とされているため、この評価額から取引価格の算出ができます。

客観性の高い不動産鑑定士による評価がおすすめ

不動産価格の評価の仕方には法律上の決まりはなく、相続人間で合意があればどの評価方法でも問題ありません。しかし、相続人間で不動産の評価方法について合意が得られなかった場合は、不動産鑑定士による評価を優先することをおすすめします。

というのも、不動産会社は不動産に詳しいとはいえ、査定に関する資格やノウハウを持ち合わせているわけではないので、客観性・公平性に欠けることがあるためです。また、固定資産税評価額も相続税評価額もあくまで税額の算出のために用いられる評価額であって、不動産価格の算定を目的としているわけではありません。

不動産鑑定士は、不動産の専門家であり、他のどの評価方法よりも客観性・専門性が高い方法と言えます。ご質問をお寄せいただいたケースでは、不動産の評価方法について相続人同士で争いが生じているなら、弟さんが依頼した不動産鑑定士による評価額3600万円を不動産の評価として採用するべきでしょう。

このコラムの監修者

  • 福田大祐弁護士
  • 福田法律事務所

    福田 大祐弁護士(兵庫県弁護士会)

    神戸市市出身。福田法律事務所の代表弁護士を務める。トラブルを抱える依頼者に寄り添い、その精神的負担を軽減することを究極の目的としている。

その他の相続コラム

自筆証書遺言はどこまで有効か(判例)

自筆証書遺言の基本的なルールとは? 自筆証書遺言が有効であると認められる基本的なルールとして、民法第968条第1項にて定められている以下の4つの項目を満たす必要があります。 ・全文(自書:遺言者自身が手書きすること) ・日付(自署) ・氏名(自署) ・押印 上記のうちどれか1つでも不足していると、原則としてその自筆証書遺言は無...

遺言書でできること

自分が亡くなった後のことを後世に託す手段として、「遺言書」の作成があります。遺言書は、正式なものであれば様々な効力を発生させられます。実は、身分に関することやお金に関することだけでなく、もう少し身近でアバウトなことも遺言書に残せるのです。 遺言書でできる基本的なこと 遺言書は主に、「身分に関すること」「相続に関すること」「財産の使い方に関すること...

これから作成する遺言の遺留分を放棄させたい

1.遺言で遺留分を放棄させることはできない 遺留分とは、遺言に従うと相続財産がない法定相続人にも最低限保障されている相続分のようなものです。たとえば妻と子ども2人が法定相続人となっているときに、遺言で妻だけに相続させる旨が記載されていたとしても、他の法定相続人である子ども2人は遺留分を主張して相続財産の一部を受け取ることができるのです。 他方,他の法...

預金が勝手に下ろされている

相続が開始し、いざ被相続人の財産を調べようと預金口座の取引履歴を調べてみると、どうみても本人によるものと思えない死亡直前の預金引き出しが見つかることがあります。 死亡日の1週間ほど前から、毎日50万円(1日の引き出し限度額)ずつATM経由で引き出されているケースなどが典型例です。 誰が引き出したのか? まず、引き出した相続人が自分が引き出したことを...

相続・遺産分割に関するお悩みは、
神戸の相続対策に強い弁護士に お気軽にご相談ください。
初回相談無料!お電話にてご連絡ください
078-366-6760までお気軽にお電話ください(受付時間 平日9:00〜17:00) メールでのご相談予約は24時間受付中