相続コラム | 福田法律事務所

神戸の相続に強い 福田法律事務所
相談料0円 078-366-6760までお気軽にお電話ください(受付時間 平日9:00〜17:00) WEBでのご相談は24時間受付中

新型コロナウイルス対策「オンライン面談・電話相談 実施中」

相続コラム画像

兄弟の配偶者が親と養子縁組していた

兄弟の配偶者が親と養子縁組していたら相続はどうなる?

兄弟の配偶者がその兄弟の親と養子縁組していれば、その配偶者も他の兄弟と同じように法定相続人になります。実子と養子は、どちらも相続人としての資格を得ることになることが民法第887条第1項に定められているからです。

たとえば、ある夫妻に子どもが2人いたとします。どちらの子どもも女性だったので、娘と結婚した配偶者には夫妻の婿養子になってもらうことにしました。結果として、その夫妻には子どもが3人いることになり(実子2人と養子1人)、すべての子どもは等しく相続を受ける権利が発生することになります。

ここで、養子だけにすべての遺産を相続する遺言をした場合、実子の遺留分が侵害されます。実子がその遺言に同意した場合は問題ありませんが、自分の遺留分を取り戻したい場合は遺留分減殺請求権を行使して相続財産の一部を取得することができます。

養子縁組をするメリットとデメリットは?

養子縁組をすることによって、1人あたりの相続割合が減るというデメリットがあります。先ほどの例の場合、養子縁組をする前は子どもが2人しかいませんでしたが、養子縁組することによって子どもが1人増えるため、実子が相続を受ける財産は必然的に減ることになります。

しかし、相続割合が減るというデメリットは、相続分が減少する結果として相続税の負担が軽くなるメリットにもなり得ます。相続税の課税金額(相続分)が減少すれば、相続税も自動的に安くなります。

養子縁組をして子どもの数が増えれば、

・相続分が減るというデメリット

・相続税が安くなるメリット

の両方が発生することになります。

養子縁組できるのは婿養子だけ?

配偶者を養子縁組する場合は、婿だけでなく嫁も養子縁組することができます。たとえば子どもが2人とも男だった場合、配偶者である嫁を養子縁組することもできます。

また、実子の配偶者以外と養子縁組することもできます。

親と養子縁組した配偶者は、実親とはどうなる?

普通養子縁組は、実親との関係も継続します。そのため、養子となった人は、実親の子であると同時に養親の子であるということになります。

その結果、養子縁組した配偶者は、実親からの相続も受けることができます。(民法第887条第1項)

※1 養子縁組には、『普通養子縁組』と『特別養子縁組』の2種類があります。普通養子縁組の場合は、養子縁組した親と実親の2つの親子関係が発生しますが(民法第727条)、特別養子縁組は実親との親子関係は終了します(民法第817条の9)。

※2 特別養子縁組は、原則として6歳未満の子どもに適用する制度です。男は18歳、女は16歳に達していないと婚姻が認められないため(民法第731条)、子の配偶者が要支援軍身をするというケースでは、特別養子縁組ではなく普通養子縁組をしていると考えることができます。

そのため親と養子縁組した子の配偶者は普通養子縁組をしていることになるため、養親と実親のどちらからも相続を受けることになります。ただし、(これは相続一般に言えることですが)遺産にはプラスの財産だけでなくマイナスの財産も含まれますので、借金などの負債も相続することになります。

ちなみに、養子は養親と実親の両方の扶養義務も負うことになります。そのため、養親と実親どちらの介護も引き受ける義務が発生することになります。

兄弟の配偶者が親と養子縁組していた場合の相続は、上記の内容が基本とはなりますが、ケースによって異なる場合もあるため、万が一「兄弟の配偶者が親と養子縁組していた」場合の相続で不安やお悩みをお持ちの方は、遺産相続問題に強い弁護士にまずは相談してみましょう。

遺産分割協議の一覧はこちら
遺産分割協議

このコラムの監修者

  • 福田大祐弁護士
  • 福田法律事務所

    福田 大祐弁護士(兵庫県弁護士会)

    神戸市市出身。福田法律事務所の代表弁護士を務める。トラブルを抱える依頼者に寄り添い、その精神的負担を軽減することを究極の目的としている。

その他の相続コラム

特定遺贈とは

遺贈は、被相続人が遺言書を書くことで、相続人に相続財産を与える行為を指します。 通常の相続は相続人が相続財産を全て受け継ぎますが、遺贈は遺言書によって遺産の一部もしくは全部を無償か一部の負担を付与して相続人や相続人以外の人に受け継ぐことを意味するのです。 遺贈を受ける方は、受遺者と呼ばれています。 このように書くととても難しいように感じるため、今回は遺...

胎児に相続権はあるの?夫の財産は受け取れる?

不幸にも妊娠中に夫が亡くなったとき、問題になるのが「胎児の相続権」です。できることなら、これから生まれてくる子どもにも、何らかの遺産を分けてあげたい。そう考える方は少なくないと思います。今回は、胎児が相続権を得るための条件・遺産分割などについて解説します。 胎児にも相続権は認められる!ただし条件あり まず「胎児に相続権があるか」どうかですが、答えは「ある...

相続人の一人が親の敷地に建物を建てている

相続人が親の敷地に建物を建てている場合、相続税や贈与税はかかるのでしょうか? また、敷地が親名義になっている場合と借りている場合とではどのように異なるのでしょうか? 親の敷地に建物を建てている場合の相続税と贈与税について解説します。 1. 敷地が親名義の場合 1-1. 相続人にかかる相続税と贈与税 親名義の敷地に相続人が建物を建てても贈...

自分に不利な遺言書が出てきた

◆遺言の有効性の確認 ほかの相続人と比べて自分に不利な遺言が出てきた場合、まずはその遺言が有効なものかどうか確認しましょう。 自筆で書かれた遺言であれば、家庭裁判所で検認する必要があります。 ◆遺言を排除できないか? 遺言が有効であったとすると、今度はほかの相続人との間で、遺言と違う内容の遺産分割ができる可能性を検討します。 というのは、有効な...

相続・遺産分割に関するお悩みは、
神戸の相続対策に強い弁護士に お気軽にご相談ください。
初回相談無料!お電話にてご連絡ください
078-366-6760までお気軽にお電話ください(受付時間 平日9:00〜17:00) メールでのご相談予約は24時間受付中