相続コラム | 神戸相続弁護士 福田法律事務所

神戸の相続に強い 福田法律事務所
相談料0円 078-366-6760までお気軽にお電話ください(受付時間 平日9:00〜17:00) WEBでのご相談は24時間受付中
相続コラム画像

親の介護と相続

1. はじめに

親が高齢になり介護が必要になったとき、兄弟が介護の負担を均等にしていて兄弟間になんの不満もないケースというのは実は少ないかもしれません。

どうしても兄弟のうちの特定の人に介護の負担が偏ることが多いでしょう。

そして、このようなケースでは介護していた親が亡くなった時の相続でもめるケースが、実はとても多いのです。

以下に、なぜ、そのような問題が起こるかをみていきましょう。

2. 介護をした相続人の不満

例えば、相続人のうちひとりが被相続人の介護をしていたり、ときには高額の医療費を立て替えたり、日用品を継続して購入していたりしたとします。

そして、そのような介護生活が何年も続いたあと、被相続人が亡くなったとします。

被相続人が遺言書を遺していなければ、遺産は、法定相続分どおり他の兄弟と均等に分けるということが前提で話が進むでしょう。

そうしたときに、介護のために時間や金銭を費やした相続人の不満が爆発して、トラブルになることがあるのです。

介護によって相続分は増えるのでしょうか?

被相続人の財産の維持又は増加に貢献した金額のことを「寄与分」といいます。寄与分が認められれば、法定相続分が修正されます。

寄与分があるときの相続分は、

(遺産の額 − 寄与分)× 法定相続分 + 寄与分の額

で計算します。

ここで、寄与分とは、被相続人の財産の維持や増加に特別の貢献をした相続人がいる場合に相続人間の公平を図るためにそれを考慮する制度です。

介護をしていた場合でも、それが、財産の維持や、増加についての特別の貢献があったと認められなくては寄与分は認められません。

介護をしていた場合で、寄与分が認められるケースとしては

  • 被相続人の介護をしたために、入院費用や付添看護の費用などを免れさせた場合
  • 扶養義務の程度を超えて生活費等の費用を免れさせた場合
  • 財産を代わりに管理したり、被相続人ができなくなった家業をフォローして、支払いを免れさせた等の場合

ここでポイントとなるのは、①扶養義務の範囲を超えているかどうか、②被相続人の財産の増加もしくは維持に寄与したかどうかです。

3. 介護をしていない相続人の不満

次に、介護をしていなかった相続人から、相続時に不満がでることがあります。

それは、介護をしている相続人が、被相続人のキャッシュカードで銀行からお金をおろして日用品を購入していたようなケースです。

このようなケースでは、被相続人の遺産が思ったより少なかった場合にトラブルが生じることがあります。

つまり、介護をしていなかった相続人が、被相続人の死後に、こんなに預金が減っているのは、介護していた相続人が必要のないことに使ったり自分のために使ったに違いないと主張するのです。

このような場合は、介護をしていなかった相続人が、介護をしていた相続人の財産の中に遺産が混入している等と主張して相続財産の範囲を争うことになります。

具体的には、介護をしていなかった相続人が、介護をしていた相続人に対して不当利得返還請求などの請求をしていくことになります。

これに対して、介護をしていた側は、 被相続人に頼まれて引き出して被相続人のために使ったので正当な引き出しであると主張したり、被相続人から、贈与を受けたものであると反論することが考えられるでしょう。

いずれの側でもどのような証拠を出せるかが重要となります。

4. 最後に

介護はときに、壮絶で、お金や労力がかかります。

以上のように、被相続人が介護を受けていた場合、それが身内による介護であった場合にはどちら側からも不満がでてトラブルに至ることが少なくありません。

トラブルにいたった場合はもちろんですが、被相続人の介護生活の中で今後の相続について不安がある方は弁護士に相談するといいかもしれません。

遺産分割協議の一覧はこちら

遺産分割協議

このコラムの監修者

  • 福田大祐弁護士
  • 福田法律事務所

    福田 大祐弁護士(兵庫県弁護士会)

    神戸市市出身。福田法律事務所の代表弁護士を務める。トラブルを抱える依頼者に寄り添い、その精神的負担を軽減することを究極の目的としている。

その他の相続コラム

誰が相続人になるのかわからない

今の時代は金融機関の手続も厳格になっており、被相続人の預金口座を解約するのにも、相続人全員の承諾を求められます。したがって誰が相続人かがわからないと、手続きが進まないことがあります。 しかし、親族が多く、また関係が複雑な場合、他に誰が相続人になるのか、相続人自身でも分からないことがあります。 誰が相続人になるかは、戸籍から調査します。まずは、...

単純承認に該当する具体例とは?単純承認とみなされる例に注意!

相続において注意しなければならないのが「単純承認」とみなされてしまうことです。 単純承認に該当してしまうと、相続放棄をすることができなくなり、回避する予定だった借金などの相続を受けて不利益を被る可能性があります。 では、一体どのようなケースが単純承認になるのでしょうか。 そもそも単純承認とは何か? 相続は、被相続人の権利・義務を全て引き継ぎま...

相続放棄の撤回

はじめに 当事務所に寄せられたご質問にお答えいたします。   私の父は、自営業をしていましたが、3000万円の借金を残して亡くなりました。父が残した借金を相続しても返済できる金額ではないと判断し、相続放棄の手続を進めています。ところが、最近になって父が株取引で利益を得ていたことがわかりました。借金を返済してもまだ資産として十分な額が残...

遺留分減殺請求権とは?(2)請求の方法と流れ

相続において、最低保証額のような性質を持つ「遺留分」。この遺留分は「遺留分減殺請求権」に基づいて請求が可能です。(1)では、遺留分を請求できる場合や、人について解説しました。今回は引き続き、請求の方法と流れについてみていきましょう。 遺留分請求の基本的なルール 遺留分の請求では、相続や贈与によって自分の遺留分を侵害している相手に対し、不足分の相続...

相続・遺産分割に関するお悩みは、
神戸の相続対策に強い弁護士に お気軽にご相談ください。
初回相談無料!お電話にてご連絡ください
078-366-6760までお気軽にお電話ください(受付時間 平日9:00〜17:00) メールでのご相談予約は24時間受付中