相続コラム | 福田法律事務所

神戸の相続に強い 福田法律事務所
相談料0円 078-366-6760までお気軽にお電話ください(受付時間 平日9:00〜17:00) WEBでのご相談は24時間受付中
相続コラム画像

遺言で指名された相続人・受遺者が先に亡くなっている

1.相続するはずだった人が被相続人より先に亡くなった場合、原則としてその相続するはずだった人の子どもが代わりに相続します。

相続人となる予定の人が被相続人より先に死亡した場合、相続するはずだった人の子どもが代わりに相続することになっています(民法第887条第2項、第3項)。これを代襲相続といいます。

他方、遺贈については、遺贈を受けるはずだった人(受遺者)が先に亡くなった場合は、相続の効果はなくなると規定されています(民法第994条第1項)。

そして、これらの規定があることにより、「遺産をある相続人に「相続させる」旨の遺言がある場合、この遺言によって相続を受けるはずだった相続人が遺言者(=被相続人)より先に死亡していたときは、遺言者がその死亡した相続人の代襲相続人等に相続させる意思を有していたとみられる特段の事情がない限り、代襲相続は認められない」というのが判例実務となっています。

たとえば、父が「長男にすべての遺産を相続させる」という遺言書を書いていたとしても、父親の亡くなる前にすでに長男が死亡しており、父親の相続人として考えられるのは長男の子と長男の弟にあたる次男がいるという場合を考えてみます。

この場合、長男はすでに死亡しているので、遺言者である父親が、代襲相続人である長男の子に限って(代襲)相続をさせる位置を有していたと認められる特別の事情がなければ、長男の子だけで父親(長男の子からみて祖父)の遺産を分割することはできません。

つまり、法律上の規定どおり、長男の子と次男が法定相続人として遺産を分割するということになります。

以上のとおり、被相続人の死亡前に相続するはずだった人(推定相続人)が亡くなった場合には、推定相続人の子が代襲相続して法定相続人なります。

2.争いにならないようにする解決方法とは?

前記のような争いを避けるためには、予備的遺言をするのが効果的です。

自分が死ぬ前に相続人が死んでしまった場合のことを予備的に遺言しておくことによって、スムーズな相続が実現します。

予備的遺言には、以下のようなものがあります。

  • 遺言者の死亡前に長男が死亡した場合は、長男の子どもに前条記載の財産を相続させる
  • 遺言者の死亡以前に長男が死亡したときは、遺言者の有する一切の財産を長男の子どもに相続させる

3.予備的遺言がなかった場合はどうなるのか?

予備的遺言がない場合は、相続人全員でどのように相続するのかを決めることになります。相続人全員が代襲相続を認めれば、長男の子どもも遺産を相続することができます。しかし、代襲相続を認めない相続人がおり話し合いでは遺産分割協議がまとまらない場合は、家庭裁判所に請求して解決を図ることとなります。

遺言で指名された相続人や受遺者が先に亡くなってしまっていて、遺産分割をどのように進めればよいのかわからない場合、まずは一度、遺産問題に強い弁護士に相談することをおすすめします。

遺言書に関する記事の一覧はこちら
遺言書

このコラムの監修者

  • 福田大祐弁護士
  • 福田法律事務所

    福田 大祐弁護士(兵庫県弁護士会)

    神戸市市出身。福田法律事務所の代表弁護士を務める。トラブルを抱える依頼者に寄り添い、その精神的負担を軽減することを究極の目的としている。

その他の相続コラム

相続登記をしない場合のデメリットについて

相続登記は不動産の相続時、名義変更時に必要な手続きです。しかし、「親の名義のまま変更していなかった」というケースをよく耳にします。では、不動産の相続登記を行わずにいると、具体的にどのようなデメリットがあるのでしょうか。 不動産の相続登記とはなにか?なぜ必要? まず不動産の相続登記について解説します。不動産の相続登記とは、簡単に言えば「被相続人(亡くなった...

若いうちからしておきたい生前対策

 「生前対策」と言えば、高齢者や病気などで寿命が迫っている方がするものというイメージがあるかもしれません。しかし、身近な人の死をきっかけに20~30代の若いうちから生前整理をする方もいます。 生前それまで元気に過ごしていたのに、ある日突然、病気や事故などで生涯を終える可能性はゼロではありません。誰しもが死を迎える時が必ず来ます。その日に備えて生前整理をしてお...

自分の被相続人に対する貢献を考慮して欲しい

寄与分とは 法定相続分は法律で一律に決められていますので、個別具体的な事情をみたときに、法定相続分で分割することがかえって不公平になることがありえます。 典型例は、複数いる兄弟のうちの1人が被相続人と長年同居し、被相続人の家業を手伝い、生活費を負担し、最後は介護に従事したといったケースです。 このようなケースでも、法定相続分は兄弟で均等ですので、法定相...

生前整理の必要性とメリット

1.生前整理とは あなたは生前整理という言葉をきいたことがありますか。生前整理とは、一般的にあなた亡くなる前に、自分の身の回りのものを整理することをいいます。 あなたは、自分が亡くなったあと、身の周りのものがどうなるかを想像したことがあるでしょうか? 法律的には、あなたがもっているすべての物や財産は、あなたが亡くなった時に、相続財産として、...

相続・遺産分割に関するお悩みは、
神戸の相続対策に強い弁護士に お気軽にご相談ください。
初回相談無料!お電話にてご連絡ください
078-366-6760までお気軽にお電話ください(受付時間 平日9:00〜17:00) メールでのご相談予約は24時間受付中