相続コラム | 福田法律事務所

神戸の相続に強い 福田法律事務所
相談料0円 078-366-6760までお気軽にお電話ください(受付時間 平日9:00〜17:00) WEBでのご相談は24時間受付中

新型コロナウイルス対策「オンライン面談・電話相談 実施中」

相続コラム画像

遺言で指名された相続人・受遺者が先に亡くなっている

1.相続するはずだった人が被相続人より先に亡くなった場合、原則としてその相続するはずだった人の子どもが代わりに相続します。

相続人となる予定の人が被相続人より先に死亡した場合、相続するはずだった人の子どもが代わりに相続することになっています(民法第887条第2項、第3項)。これを代襲相続といいます。

他方、遺贈については、遺贈を受けるはずだった人(受遺者)が先に亡くなった場合は、相続の効果はなくなると規定されています(民法第994条第1項)。

そして、これらの規定があることにより、「遺産をある相続人に「相続させる」旨の遺言がある場合、この遺言によって相続を受けるはずだった相続人が遺言者(=被相続人)より先に死亡していたときは、遺言者がその死亡した相続人の代襲相続人等に相続させる意思を有していたとみられる特段の事情がない限り、代襲相続は認められない」というのが判例実務となっています。

たとえば、父が「長男にすべての遺産を相続させる」という遺言書を書いていたとしても、父親の亡くなる前にすでに長男が死亡しており、父親の相続人として考えられるのは長男の子と長男の弟にあたる次男がいるという場合を考えてみます。

この場合、長男はすでに死亡しているので、遺言者である父親が、代襲相続人である長男の子に限って(代襲)相続をさせる位置を有していたと認められる特別の事情がなければ、長男の子だけで父親(長男の子からみて祖父)の遺産を分割することはできません。

つまり、法律上の規定どおり、長男の子と次男が法定相続人として遺産を分割するということになります。

以上のとおり、被相続人の死亡前に相続するはずだった人(推定相続人)が亡くなった場合には、推定相続人の子が代襲相続して法定相続人なります。

2.争いにならないようにする解決方法とは?

前記のような争いを避けるためには、予備的遺言をするのが効果的です。

自分が死ぬ前に相続人が死んでしまった場合のことを予備的に遺言しておくことによって、スムーズな相続が実現します。

予備的遺言には、以下のようなものがあります。

  • 遺言者の死亡前に長男が死亡した場合は、長男の子どもに前条記載の財産を相続させる
  • 遺言者の死亡以前に長男が死亡したときは、遺言者の有する一切の財産を長男の子どもに相続させる

3.予備的遺言がなかった場合はどうなるのか?

予備的遺言がない場合は、相続人全員でどのように相続するのかを決めることになります。相続人全員が代襲相続を認めれば、長男の子どもも遺産を相続することができます。しかし、代襲相続を認めない相続人がおり話し合いでは遺産分割協議がまとまらない場合は、家庭裁判所に請求して解決を図ることとなります。

遺言で指名された相続人や受遺者が先に亡くなってしまっていて、遺産分割をどのように進めればよいのかわからない場合、まずは一度、遺産問題に強い弁護士に相談することをおすすめします。

遺言書に関する記事の一覧はこちら
遺言書

このコラムの監修者

  • 福田大祐弁護士
  • 福田法律事務所

    福田 大祐弁護士(兵庫県弁護士会)

    神戸市市出身。福田法律事務所の代表弁護士を務める。トラブルを抱える依頼者に寄り添い、その精神的負担を軽減することを究極の目的としている。

その他の相続コラム

教育資金贈与制度とは

はじめに 当事務所に寄せられたご質問にお答えいたします。 先日、相続対策セミナーに行ったとき「教育資金贈与」という、教育資金としての贈与なら贈与税が非課税になる制度について簡単な話を聞きました。具体的にはどのような制度なのでしょうか? 30歳未満の子や孫に対し、教育資金として使用する目的で贈与する場合は贈与税が対象外となる「教育資金贈与」は、相...

遺言信託について

はじめに 遺言の内容を確実に実行してほしいときに、選択肢の一つとなるのが「遺言信託」です。遺言信託は、遺言書作成に関する相談から、遺言書の保管、遺言の執行まで、相続について一連の手続きを第三者(主に信託銀行)に委託することをいいます。 相続人同士の争いを防ぐ目的で遺言書を作成したものの、遺言書に不備があったときに相続争いが起きてしまっては本末転倒です。遺...

遺産分割協議後に遺言書が見つかったら?協議は無効?

相続の場で非常に強い力を持つ遺言書。この遺言書が、遺産分割協議が成立して遺産分割まで完了した後に見つかったとしたら…。実は、遺言書があとから見つかるというケースは、間々みられます。今回は遺産分割が終わってから遺言書が出てきた場合について解説します。 もし遺産分割後に自筆証書遺言が出てきたら? 遺言書は大きく、「公正証書遺言」と「自筆証書遺言」に分...

お墓の管理者が決まらない(祭祀承継者)

お墓の管理者を決める方法は3つあります お墓の管理について民法第897条では、「祭祀に関する権利」として定めています。祭祀全般に関する所有権として系譜、祭具、墳墓が具体的に列記されており、お墓の管理者は祭祀承継者となります。遺骨に関しても、祭祀承継者に所有権があるものとされています。 同じく民法第897条では、祭祀承継者に関する3つの決定方法を規定し...

相続・遺産分割に関するお悩みは、
神戸の相続対策に強い弁護士に お気軽にご相談ください。
初回相談無料!お電話にてご連絡ください
078-366-6760までお気軽にお電話ください(受付時間 平日9:00〜17:00) メールでのご相談予約は24時間受付中