相続コラム | 福田法律事務所

神戸の相続に強い 福田法律事務所
相談料0円 078-366-6760までお気軽にお電話ください(受付時間 平日9:00〜17:00) WEBでのご相談は24時間受付中

新型コロナウイルス対策「オンライン面談・電話相談 実施中」

相続コラム画像

誰が相続人になるのかわからない

今の時代は金融機関の手続も厳格になっており、被相続人の預金口座を解約するのにも、相続人全員の承諾を求められます。したがって誰が相続人かがわからないと、手続きが進まないことがあります。

しかし、親族が多く、また関係が複雑な場合、他に誰が相続人になるのか、相続人自身でも分からないことがあります。

誰が相続人になるかは、戸籍から調査します。まずは、被相続人の死亡時の戸籍を取得し、そこから古い戸籍を順にたどっていきます。本籍地が遠方の場合は、郵送で取り寄せなければなりません。

相続人を確定させるためには、基本的に被相続人が生まれてから亡くなるまでの全戸籍を取り寄せてチェックする必要があります。

ただ、古い戸籍は形式が現在と異なり、一見して理解しにくいうえ手書きで読みづらく、慣れていないと相続人を漏れなく判別するのは骨が折れます。

そういった場合は弁護士のほか、司法書士・行政書士などの専門家に調査を依頼するのが無難です。

遺産分割協議の一覧はこちら

遺産分割協議

このコラムの監修者

  • 福田大祐弁護士
  • 福田法律事務所

    福田 大祐弁護士(兵庫県弁護士会)

    神戸市市出身。福田法律事務所の代表弁護士を務める。トラブルを抱える依頼者に寄り添い、その精神的負担を軽減することを究極の目的としている。

その他の相続コラム

財産を残したくない相続人がいる

■遺言の作成 死後、誰にどのように遺産を分け与えるかは、基本的に本人の希望が尊重されます。ですので、遺言を作成して自分の意思を明らかにしておけば、法定相続人に分け与えないことができます。 しかし、遺産を残したくない相続人が配偶者や子、親の場合には、それぞれの割合で遺留分があります。 したがって、遺留分を下回る財産しか分け与えなかった場合、相続開始後、そ...

自分に不利な遺言書が出てきた

◆遺言の有効性の確認 ほかの相続人と比べて自分に不利な遺言が出てきた場合、まずはその遺言が有効なものかどうか確認しましょう。 自筆で書かれた遺言であれば、家庭裁判所で検認する必要があります。 ◆遺言を排除できないか? 遺言が有効であったとすると、今度はほかの相続人との間で、遺言と違う内容の遺産分割ができる可能性を検討します。 というのは、有効な...

無効にさせない遺産分割協議書

遺産分割協議書は、不動産の相続などでは必ず必要となるほか、のちの紛争を防ぐための証拠にもなる重要な書類です。しかし、作成の手続きや書類に不備があった場合は遺産分割協議書が無効となり、かえって相続トラブルの原因になってしまう場合もあります。 そもそも遺産分割協議書とは 遺産分割協議書とは、相続人同士の話し合いで遺産の分け方を決めた時(遺産分割協議)...

会社の代表が亡くなった!会社はどうなる

1. 会社の代表取締役がなくなった場合にとるべき手続 会社の代表取締役社長が突然亡くなってしまった。このような場合、どのような手続をとればよいでしょうか。 会社は個人(自然人)とは別個に存在を認められているので、代表取締役が亡くなっても会社までなくなったものとして取り扱われるわけではありません。 しかし、会社の登記簿には代表取締役が登記され...

相続・遺産分割に関するお悩みは、
神戸の相続対策に強い弁護士に お気軽にご相談ください。
初回相談無料!お電話にてご連絡ください
078-366-6760までお気軽にお電話ください(受付時間 平日9:00〜17:00) メールでのご相談予約は24時間受付中