相続コラム | 神戸相続弁護士 福田法律事務所

神戸の相続に強い 福田法律事務所
相談料0円 078-366-6760までお気軽にお電話ください(受付時間 平日9:00〜17:00) WEBでのご相談は24時間受付中
相続コラム画像

自宅の処分をめぐって話がまとまらない

■まとまりやすいケース

被相続人の遺産が、自宅不動産のほかに自宅不動産の価値を上回るだけの金融資産がある場合、自宅を取得しなかった相続人が他の財産を取得することで、円滑に公平な遺産分割を行うことができます。

また、相続人の誰もが被相続人の自宅不動産の取得を希望しない場合、自宅を売却して現金で均等に分割することができます。

■話が難航するケース

問題は、相続人の中に被相続人の自宅の取得を希望する人がいて、他の相続人に分配するだけの他の資産が十分にない場合です。

日本は持ち家志向が強く、相続財産の総価値に占める自宅不動産の割合が大きくなっており、こういうケースは数多くあります。

ひとつの方法としては、自宅を取得した相続人が、相続財産以外の固有財産の中から他の相続人に代償分を支払う方法があります(代償分割)。

そのような代償金を一時金として支払うことが困難であれば、相続する自宅を担保として代償金相当額を金融機関から借り入れ、長期的に分割返済していく方法もあります。

また、他の案としては、自宅の取得を希望するのが被相続人の配偶者である場合、自宅を配偶者に取得させ、他の相続人はその他の財産を分割取得したうえで、二次相続の際にあらためて空き家になった自宅の売却を検討する方法も考えられます。

■話し合いがつかない場合

どうしても話し合いがつかない場合は、家庭裁判所の遺産分割調停を経て最終的に審判官(裁判官)に自宅の取得者を決めてもらうことになります。

ただし、家庭裁判所は遺産分割審判で相続人各自の生活状況を大きく変えてしまうことに慎重なので、被相続人の配偶者など、自宅不動産に居住し続ける相続人がいる場合は最終的にその相続人を取得者にする傾向が強いように思います。

遺産分割協議の一覧はこちら

遺産分割協議

このコラムの監修者

  • 福田大祐弁護士
  • 福田法律事務所

    福田 大祐弁護士(兵庫県弁護士会)

    神戸市市出身。福田法律事務所の代表弁護士を務める。トラブルを抱える依頼者に寄り添い、その精神的負担を軽減することを究極の目的としている。

その他の相続コラム

被相続人に成年後見人が選任されていたときの手続きは?

相続は様々な権利義務関係が絡み合うため、専門的な知識が必要になりがちな手続きです。 もし被相続人に成年後見人が選任されていたとしたら、相続にどのような影響を与えるのでしょうか。被相続人が亡くなった後の成年後見人の役割や、相続の手続きについて解説します。 被相続人が亡くなった後の成年後見人の対応は? 被相続人が知的障害や認知症などで判断能力が低下...

特定遺贈とは

遺贈は、被相続人が遺言書を書くことで、相続人に相続財産を与える行為を指します。 通常の相続は相続人が相続財産を全て受け継ぎますが、遺贈は遺言書によって遺産の一部もしくは全部を無償か一部の負担を付与して相続人や相続人以外の人に受け継ぐことを意味するのです。 遺贈を受ける方は、受遺者と呼ばれています。 このように書くととても難しいように感じるため、今回は遺...

不動産投資で節税

2015年に相続税が増税され、不動産投資による節税に一層注目が集まるようになりました。なぜ不動産投資をすると節税になるのか、その仕組みと注意点についてご紹介します。 なぜ不動産投資をすると節税になるのか例えば、1億円の遺産を相続する場合、キャッシュで1億円残っていると全額課税対象となります。しかし、その1億円を使って不動産を購入すると、購入価格ではなく、購入...

特別受益の払い戻しについて

当事務所に寄せられたご質問にお答えいたします。 50代女性。父が数年前に亡くなってから、80代の母は兄家族と暮らしていました。その母もほどなくして認知症を患い、持病で亡くなりました。生前、母の貯蓄は2000万円ほどあると本人から聞いていましたが、口座を確認すると1500万円ほどしか残されていませんでした。このようなとき、遺産分割ではどのように対処すれば...

相続・遺産分割に関するお悩みは、
神戸の相続対策に強い弁護士に お気軽にご相談ください。
初回相談無料!お電話にてご連絡ください
078-366-6760までお気軽にお電話ください(受付時間 平日9:00〜17:00) メールでのご相談予約は24時間受付中