相続コラム | 福田法律事務所

神戸の相続に強い 福田法律事務所
相談料0円 078-366-6760までお気軽にお電話ください(受付時間 平日9:00〜17:00) WEBでのご相談は24時間受付中
相続コラム画像

相続人の誰もが空き家の相続不動産を引き取りたがらない場合

相続が起こったとき、遺産の中に空き家の不動産が含まれていることがあります。このような場合、相続人のうち誰もその不動産を引き取りたくないケースがありますが、どのように対処したら良いのでしょうか?

今回は、誰も空き家の相続不動産を引き取りたがらない場合の対処方法について解説します。

1.不動産は相続人の共有状態となる

被相続人が1人暮らしをしていたようなケースでは、遺産として被相続人が住んでいた空き家が残されることがあります。

このような場合、空き家を相続しても管理が大変ですし、無駄に固定資産税なども発生してしまうので、相続人のうち誰もその空き家を相続したくないということが起こります。

誰も相続しないとき、空き家はどうなるのでしょうか?

法定相続人がいる場合、遺産の不動産は、遺産分割協議が終了するまで法定相続人の共有状態になります。この場合、それぞれの法定相続人の共有持分は、法定相続分に従います。

よって、誰も相続したくないと言っても、現実には誰かが相続するしかなく、相続放棄しない限り相続を免れることはできません。遺産分割協議をしないままだと、相続人全員が不動産の管理義務を負いますし、固定資産税の支払いの義務も負うことになります。

空き家の管理不行き届きによって他人に迷惑をかけた場合には、相続人全員が責任を負わなければならない可能性があります。

2.売却して現金で分ける方法

空き家を相続したくない場合には、その空き家を売却して現金で分ける方法が、もっとも手っ取り早くメリットがあります。

そのためには、相続人全員が協力して売却手続きを進める必要があります。売却するためには共有者全員の同意が必要なので、1人でも反対する相続人がいたら売却はすすめられません。

不動産仲介業者に依頼するなどして売却手続きを進め、売却ができたら、諸費用を差し引いて、残りを法定相続分に応じて分配するなどすれば、無事に空き家の処分ができます。

3.寄付をする方法

売却して現金で分けたらお金も入ってきて良いのですが、空き家に価値がなく、売り先が見つからないケースもあります。このような場合には、空き家を寄付する方法があります。たとえば、空き家のある自治体に寄付をしたり、空き家の隣地の所有者に贈与をしたり、自治体や公益法人に寄付をしたりすることが考えられます。ただ、土地の場合はともかく、建物は管理コストがかかるため、相当の価値がない限り、寄付を受け付けてくれる自治体は少ないと思われます。

4.相続放棄する方法

空き家以外に目立った相続財産が無い場合には、相続放棄をすることによって空き家を相続しない方法があります。

相続放棄とは、プラスの資産もマイナスの負債も含めて、一切合切の相続をしないことです。相続放棄をすると、すべての遺産相続権がなくなるので、空き家も相続せずに済みます。ただし、その場合、空き家以外の他の遺産も相続出来なくなることに注意が必要です。たとえば他に価値のある不動産があったり、預貯金や現金、株などの価値のある遺産があったりした場合には、相続放棄をするとそれらも相続出来なくなってしまいます。

反対に、借金がある場合などには、相続放棄をすると借金も相続しなくて良くなるので、メリットが大きいです。

このように、誰も相続したくない空き家がある場合、方策としてはいくつか考えられます。自分ではどの方法が最適かわからない場合には、当事務所にご相談ください。

預金・不動産・保険・株式に関する記事の一覧はこちら

このコラムの監修者

  • 福田大祐弁護士
  • 福田法律事務所

    福田 大祐弁護士(兵庫県弁護士会)

    神戸市市出身。福田法律事務所の代表弁護士を務める。トラブルを抱える依頼者に寄り添い、その精神的負担を軽減することを究極の目的としている。

その他の相続コラム

遺産の使い込みを防ぐために~成年後見人はどう決定すべき?

2000年から施行された成年後見制度は、相続の場において非常に重要です。 特に「誰を成年後見人にするか」で悩む方が多いようです。というのも、成年後見人が遺産を使い込んでしまう例が後を絶たずトラブルに発展するからです。 では、遺産の使い込みを防ぐためには、いったい成年後見制度をどう利用すべきなのでしょうか。 相続で成年後見人が必要なケース 成年後見...

死亡退職金・遺族年金は遺産となるか

死亡退職金や遺族年金は原則として遺産とはならないため、原則として相続税がかかることはありません。例外的にどのような場合に相続税がかかるのかをご紹介し、具体的な計算方法について解説していきます。 1. 死亡退職金は遺産となるか 1-1. すべての死亡退職金が遺産となるわけではない 死亡退職金のうち非課税限度額を超えた金額は、相続税法上は遺産となります...

限定承認のメリットとデメリット

被相続人に借金がある場合、相続人は財産と一緒に借金も引き継ぐことになります。 借金の額にもよりますが、それは相続人にとって大きな負担となるため、マイナス財産が多ければ相続放棄という選択が可能です。 ただ、プラスの財産の方が多いのか、それともマイナスの財産が多いのかすぐに判別できないケースもあります。 その際に選ばれる選択が、限定承認です。 今回は限定...

相続欠格とは

 相続欠格とは、一定の事由によって相続権がはく奪されることです。民法では、直系血族なら当然に相続権を認めているので、よほど重大な事由でなければ相続権を失うことはほぼありません。どのような事由が当てはまるでしょうか。  ①被相続人の生命を侵害し、刑罰を受けた者被相続人を殺害した、または殺人未遂などによって刑罰を受けた人は、相続欠格者となります。殺害でなくても、...

相続・遺産分割に関するお悩みは、
神戸の相続対策に強い弁護士に お気軽にご相談ください。
初回相談無料!お電話にてご連絡ください
078-366-6760までお気軽にお電話ください(受付時間 平日9:00〜17:00) メールでのご相談予約は24時間受付中