相続コラム | 神戸相続弁護士 福田法律事務所

神戸の相続に強い 福田法律事務所
相談料0円 078-366-6760までお気軽にお電話ください(受付時間 平日9:00〜17:00) WEBでのご相談は24時間受付中
相続コラム画像

遺産分割協議書の書き方

はじめに

被相続人(亡くなった人)が、遺言を残さずに死亡した場合、被相続人の財産は相続人全員の共有財産となるのが民法の決まりです。

しかし、たとえば不動産などは、いつまでも共有にしていても権利関係が複雑になり、利用・処分方法を巡って争いになるもとにもなるため、相続人間で話し合って分配していくことになります。

柀相続人の遺産を分割することを遺産分割といいます。

たとえ遺言があっても、相続人全員の合意があればその内容とは異なる遺産分割をすることも可能です。もっとも、遺言内容と異なる内容の遺産分割がされることはほとんどありません。

話合いで遺産分割の内容が決まった場合、口頭の約束では不安ですし、登記名義を変更したり預金を下ろす際に銀行から分割内容を証明する書類を求められることもあります。そのため、遺産分割協議がまとまった場合、遺産分割協議書という書面を作成するのが一般的です。

では、この遺産分割協議書はどのように作成するのでしょうか?

2遺産分割協議書の作成にあたって必要なもの

(1)財産を記載するために必要なもの

遺産分割協議書には、分割の対象となる財産を正確に記載しなければなりません。

例えば不動産についても、

【土地】

所在 ○市○町○丁目

地 番 ○番○

地 目 宅地

地 積 100.00㎡

【建物】

所 在 ○市○町○丁目

家屋番号 ○番○

種 類 木造

構 造 瓦葺2階建

床  面 積 1階 50.00㎡

2階49.00㎡ 

といった内容の記載が必要であり、単に住所を書けばいいわけではありません。

そのため、不動産については、これらの情報が載っている不動産全部事項証明書(いわゆる登記簿)が必要となります。

また、預金についても支店名や口座番号まで正確に記載するために、被相続人の預金通帳を準備することが必要です。

その他の財産についてもその財産を特定するための詳細が把握できるものを準備しましょう。

(2)相続関係を明らかにするもの

他にも、相続人を確定するためには、被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本や相続人の戸籍謄本が必要となります。相続人の正確な把握や、関係機関から提出を求められた際のため、あらかじめ取り付けておくとよいでしょう。

(3)その他

遺産分割協議書に押す実印の印鑑証明書は取り寄せましょう。

他にも手続上に実印が必要となるときには、印鑑証明書を求められることがほとんどなので多めに取り寄せて損はないかもしれません。

3遺産分割協議書の作成

相続人の間で、遺産分割の内容ついて話し合い、すべての財産をどのように分割するかが決まれば、遺産分割協議書に遺産分割協議の内容を記載することになります。

もっとも、遺産分割協議の内容について、各相続人の認識が合致しているのかは確認し、専門家にも意見を聞いてから遺言書を作成するのが後々のトラブル回避のためには重要です。

遺産分割協議書の形式は特に書式が決まっているものではありませんし、手書きで作成してもパソコンで作成しても構いませんが、実際に書面を作成していくことになります。

作成しているうちに誤りや訂正したいところも出てくるでしょうから、修正のしやすさを考えるとパソコンで作成する方がよいかもしれません。

書きあがった遺産分割協議は人数分コピーして、すべての相続人が署名押印をします。

複数ページに渡る場合には契印を押すとよいでしょう。

遺産分割協議書が完成すれば、あとは遺産分割協議書の内容に沿って、実際に遺産分割に必要な手続をすすめていくことになります。

4まとめ

遺産分割協議書の作成について実際にイメージを持っていただけたでしょうか。

遺産分割協議の内容は本当にその内容の分割で問題がないのか、また、記載はあっているのかなど、なかなか専門家でなくては分からないこともあります。

また、遺産分割協議書作成にあたって必要な資料を集めるのも素人にはなかなか難しいところもあります。

さらに相続については長年の兄弟間の感情のもつれや不公平感、現在の経済格差などから、

当事者同士で話合いをすること自体が困難なケースも少なくありません。

いずれの場合も、遺産分割協議書を作成する前に一度弁護士に相談に行くことをおすすめします。

遺産分割協議の一覧はこちら

遺産分割協議

このコラムの監修者

  • 福田大祐弁護士
  • 福田法律事務所

    福田 大祐弁護士(兵庫県弁護士会)

    神戸市市出身。福田法律事務所の代表弁護士を務める。トラブルを抱える依頼者に寄り添い、その精神的負担を軽減することを究極の目的としている。

その他の相続コラム

相続した不動産を売却した場合の税とは?相続税も含めて解説

不動産が相続財産になっているとき、相続税対策から売却を検討するケースが多いようです。このとき、相続税を含めた税の問題を相談される方が少なくありません。そこで、相続した不動産を売却したときの税の扱いについて解説します。 相続した不動産を売却したときにかかる税とは? 相続財産に不動産が含まれるとき、相続人同士で遺産分割を進めやすくなるように、一旦売却...

被相続人に成年後見人が選任されていたときの手続きは?

相続は様々な権利義務関係が絡み合うため、専門的な知識が必要になりがちな手続きです。 もし被相続人に成年後見人が選任されていたとしたら、相続にどのような影響を与えるのでしょうか。被相続人が亡くなった後の成年後見人の役割や、相続の手続きについて解説します。 被相続人が亡くなった後の成年後見人の対応は? 被相続人が知的障害や認知症などで判断能力が低下...

相続を放棄したい

■相続放棄の手続 相続を放棄したい場合、家庭裁判所に対して相続放棄の申述を行わなければなりません。 相続放棄の申述は、被相続人の最後の住所を管轄する家庭裁判所に対して、相続放棄の申述書を提出する方法で行います。 ■熟慮期間 ただし、相続放棄できる期間には制限があります。「自己のために相続の開始があったことを知ったとき」から3ヶ月以内です。この3か...

単純承認に該当する具体例とは?単純承認とみなされる例に注意!

相続において注意しなければならないのが「単純承認」とみなされてしまうことです。 単純承認に該当してしまうと、相続放棄をすることができなくなり、回避する予定だった借金などの相続を受けて不利益を被る可能性があります。 では、一体どのようなケースが単純承認になるのでしょうか。 そもそも単純承認とは何か? 相続は、被相続人の権利・義務を全て引き継ぎま...

相続・遺産分割に関するお悩みは、
神戸の相続対策に強い弁護士に お気軽にご相談ください。
初回相談無料!お電話にてご連絡ください
078-366-6760までお気軽にお電話ください(受付時間 平日9:00〜17:00) メールでのご相談予約は24時間受付中